2013-05-19

君もシャーマンになれるシリーズ23~多彩な可能性を秘めた子どもの脳の成長過程とは~

top%20child.jpg
画像はコチラ
みなさんこんにちは 🙂
これまでの追求により、シャーマンは脳の来歴-記憶を羅針盤としていることがわかってきました。
一方で、ユタの様な大人のシャーマンに限らず、子供にも驚くような能力・才能を発揮した事例が数多く報告されています。子供にはどんな世界が見えているのでしょうか?
そこで今回はまず、一般的な子供の「脳の成長過程」を下記の3本立てで調査してみました。
①誰もが生まれ持った記憶はあるの?
②子供の脳の成長過程は?
③子供にはどんな世界が見えている?

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "君もシャーマンになれるシリーズ23~多彩な可能性を秘めた子どもの脳の成長過程とは~"

List    投稿者 haneda | 2013-05-19 | Posted in ④脳と適応1 Comment » 
2013-05-09

醗酵食品 その素晴らしい健康効果② ~究極の醗酵食品 みそ~

みなさんこんにちは 😀
5月5日の記事で醗酵食品の歴史とその素晴らしさを紹介しました。
このように優れた特性を持つ発酵食品の中でも、究極と言える―品があります。
それは、日本人なら誰もが知っている「みそ」です。
本日は「みそ」の素晴らしさを紹介したいと思います。
%E5%BE%A1%E5%91%B3%E5%99%8C%E6%B1%81.jpg

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "醗酵食品 その素晴らしい健康効果② ~究極の醗酵食品 みそ~"

List    投稿者 crz2316 | 2013-05-09 | Posted in ⑤免疫機能の不思議No Comments » 
2013-05-06

「生き物ってすごい!」第6回~天井を歩くヤモリの足

みなさん、こんにちは
%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%AA.jpg
画像はこちらよりお借りしました
「生き物ってすごい!」シリーズ、
今回ご紹介するのは「ヤモリの足」です。
壁や天井を自由自在に歩きまわるヤモリの足、いったいどんな秘密が隠されているのでしょうか
今回は、ヤモリの足の構造に学んだ技術をご紹介します

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "「生き物ってすごい!」第6回~天井を歩くヤモリの足"

List    投稿者 kanae | 2013-05-06 | Posted in ⑨おもしろい生き物No Comments » 
2013-05-05

醗酵食品 その素晴らしい健康効果①

みなさんこんにちは 😀
当ブログでは、様々なテーマを扱っていますが、本日はレギュラーシリーズとは少し趣向を変えて、発酵食品について扱ってみたいと思います。
c0160728_1246890.jpg
醗酵と言えば、この漫画・・・もやしもんHPより、A.オリゼー(麹菌の仲間)

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "醗酵食品 その素晴らしい健康効果①"

List    投稿者 crz2316 | 2013-05-05 | Posted in ⑤免疫機能の不思議No Comments » 
2013-05-02

君もシャーマンになれるシリーズ22~松果体がシャーマン能力を開花させる「鍵」か?~

みなさん、こんにちは。いつも「君もシャーマンになれるシリーズ」をお読み頂きありがとうございます
 
シャーマン誕生の秘密とその能力を解明する目的で扁桃体や海馬を追究してきた本ブログですが、今回は、「第三の眼」といわれ、「気功」「スピリチャル」「霊能」の世界ではその能力の核として位置付けられる『松果体』に焦点を当ててみます。生物史から自然の摂理を読み解く本ブログの骨子に沿って、松果体の進化過程や機能を解明しながらシャーマンとの関係に迫りたいと思います。
 
       %E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%91.jpg
 
脳の中でも特異な存在である『松果体』ですが、特殊な能力を持つシャーマンとの接点は、脳内麻薬物質といわれる『ジメチルトリプタミン』にありました。ジメチルトリプタミンは、南米シャーマンが儀式に使う「アヤワスカ」に含まれる幻覚物質であり、人の松果体にこのジメチルトリプタミンが存在し、生死に関わる危機に陥った際に放出されると考えられているのです。
 
人の松果体は、脳の中心付近の脳幹や小脳の上部に位置し、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれたグリーンピースほど(約8mm)の赤灰色をした内分泌器官で、視床後部の一部を構成しています。
 
   %E6%9D%BE%E6%9E%9C%E4%BD%93%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%91.gif%E6%9D%BE%E6%9E%9C%E4%BD%93%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%92.png
 
それでは、松果体の特徴をおさえるために、松果体の進化過程と機能について見てみましょう。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "君もシャーマンになれるシリーズ22~松果体がシャーマン能力を開花させる「鍵」か?~"

List    投稿者 cosmos | 2013-05-02 | Posted in ④脳と適応, ⑬宇宙人・スピリチャルNo Comments » 
2013-04-25

【赤ちゃんってすごい!!】赤ちゃんのほうが空気が読める?!~相手と共感する力のモトは1才までに急速に発達する!~

赤ちゃんのすごいところを発見してしまいました
女性数人で話をしていた時のこと
普通に話している時は、ご機嫌だったR君 😀
けれど、その場にいたAちゃんとみんなの思いがすりあわず、場の空気が悪くなると、R君もグズグズ
その後、みんなの思いがすりあってくると、R君のご機嫌もよくなっていきました

最後はAちゃんの顔をジ~ 見つめてて…Aちゃんがホッとした瞬間、なんとRは笑顔になったんです 😀

akachan%20egao.jpg

変わったのは周りの空気だけ なのにこんなに変化があるなんて!!!!
みんなの声色 とか場から感じる雰囲気で、まだ2カ月の赤ちゃんでも空気を読めるんです
いやいや、まだ言葉を話せないからこそ、敏感に周りの空気を感じているんです
こんなのことが出来るのはなぜなのでしょうか

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "【赤ちゃんってすごい!!】赤ちゃんのほうが空気が読める?!~相手と共感する力のモトは1才までに急速に発達する!~"

List    投稿者 mineko | 2013-04-25 | Posted in ④脳と適応No Comments » 
2013-04-21

【赤ちゃんってすごい!!】赤ちゃんってすごい能力を秘めている!!!

こんにちは、12月末に赤ちゃんを出産しましたみねこです

%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%9E%AC%E9%96%93.jpg
息子が生まれた瞬間です♪
出産するまで“赤ちゃんは真っ白”=“何もない→可能性がいっぱい” だと思っていました
けどね、実際子育てをしてみると全然違うんです
周りが教えなくても、自らチャレンジして出来ることが日々増えていく
子どもって、 育っていく力をもっているんです
周りの私たちの方が赤ちゃんは“こういうもの”“これしか出来ない”って決め付けて、赤ちゃんの持っている可能性を狭めてしまっていることも多いのかも 😥
赤ちゃんが持っている能力をもっと知りたいなと思ったときに、このブログの シリーズにたどり着きました 😀
                       
「小さな命が生まれる」体験レポ(1)~子宮内膜が受精卵を飲み込む!?~
「小さな命が生まれる」体験レポ(2)~18億年を8週間で駆け抜ける!
「小さな命が生まれる」体験レポ(3)~赤ちゃんは、何を感じ取っている?~
「小さな命が生まれる」体験レポ(4)~別の人に胸キュン☆してたの、バレてた!?
                       
赤ちゃんはお腹の中で、ものすごいスピードで、生物の進化の歴史を辿っている
生物たちの成功体験をすべて経験して生まれてくるから生まれた時から成功体験の塊
“赤ちゃんが真っ白”も“余計なものが何もない=可能性が無限大♪”ってことなんですよね
これからのシリーズでは子育てしながら日々感じる“赤ちゃんってすごい!”を紹介していきます

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "【赤ちゃんってすごい!!】赤ちゃんってすごい能力を秘めている!!!"

List    投稿者 mineko | 2013-04-21 | Posted in ⑭妊娠レポートNo Comments » 
2013-04-14

食事療法によりガンを治す方法① ~現代医学に限界を感じ、「食事」に可能性を見出した医師~

%E4%BB%8A%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%8F%E9%A3%9F%E4%BA%8B.jpg
写真は、済陽高穂(わたようたかほ)医師による、「今あるガンが消えていく食事」という書籍です。
 
%E3%82%AC%E3%83%B3%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E8%80%85%E6%95%B0%E6%8E%A8%E7%A7%BB.gif
(画像はこちらからお借りしました。)
 
近年の医療技術の進歩はめざましいものがあります。
死亡者が大きく低下する病気も、多くあります。
一方で、図に示すとおり、死亡者数の多いガンに対しては、研究が進められているものの、死亡者数の増加は留まるところを知りません。
西洋医学では、ガンに対して三大療法(手術、放射線治療、抗ガン剤治療)で対処しようとします。しかし、これはあくまでも延命措置に過ぎず、根治治療ではありません。
そもそも、それまでの生活に何らかの問題があったからこそ、ガンになっているにも関わらず、その生活を変えることなく、対処療法である三大治療のみで対峙しようとする西洋医学の考え方そのものに問題があると思われます。
一方で、ガンが治った事例も多くあります。
これらに共通するのは、西洋医学だけに頼っていないことです。
むしろ、東洋医学や食事など、根本的な原因を突き止め、対応してきたタイプの人です。
この場合、多くは科学的根拠はありません。
しかし、現実に治っているのです。
ここで、紹介したいのは、済陽高穂(わたようたかほ)医師です。
済陽医師は、医者でありながらその現代医学の限界を感じ、本気で治そうとしている先生です。
済陽氏は、「食事」に着目しています。
今回は、済陽氏自身の経験から、「食事」に着目するまでの経緯を紹介します。
医療現場の現実もリアルに伝わってくるものです。
そして、これから数回に亘り、ガンの原因は何か、それに対してどうすればよいのかについて、紹介していきます。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "食事療法によりガンを治す方法① ~現代医学に限界を感じ、「食事」に可能性を見出した医師~"

List    投稿者 kumasuke | 2013-04-14 | Posted in ⑤免疫機能の不思議No Comments » 
2013-03-31

太陽系を探検しよう-32.磁化率理論~検証編~惑星の位置と組成の磁化率は一致する

2207a9f3.jpg
 
前回の記事「太陽系の起源、新説「磁場説」(2)」で、磁化率の作用で様々な特徴をもつ惑星が形成される仕組みを紹介しました。
 
今回は、そのような惑星形成過程の仮説と実際の惑星の組成が一致するかどうかの検証です。福田武隆さんの著書「太陽系の起源」を要約・引用しながら紹介します。
  
 
磁化率に基づく物質の分布と惑星の組成は一致する
 
磁性は磁場に対する感応のしかたで分類されます。強磁性は、磁性が大きいほど磁場に近づいていきます。反磁性は逆に、磁性が大きいほど磁場から遠くなります。常時性は、反応は小さくなりますが、強磁性と同様に、磁性が大きいほど磁場に近づく性質があります。
%E7%A3%81%E5%8C%96%E7%8E%87%E5%88%86%E5%B8%83.JPG
図1:磁性物質の磁場に対する感応(模式図)
 
 
下図は、磁化率に基づく主要物質の位置関係(左に太陽=磁場がある場合)を示しています。
  
%E6%83%91%E6%98%9F%E7%A3%81%E5%8C%96%E7%8E%87%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%8F%E4%BD%8D%E7%BD%AE.JPG
図2:磁化率に基づく物質の位置
 
強磁性物質は太陽の近くにあり、反磁性物質は磁化率が大きいものはより右に、磁化率が小さいものはより左に存在することになります。(常時性物質はその反対)
 
そのように考えると、太陽系の惑星は、太陽に近いものは強磁性や常磁性物質が中心で、太陽から遠いものは反磁性物質が多くなっているはずです。
 
太陽系の内惑星の主な組成は、核を形成している鉄やニッケルで、いずれも強磁性体で図の左側に位置します。マントルや地殻を形成しているケイ素(Si)は反磁性ですが、磁化率は0.13と低くなっており、磁場からはあまり遠ざからない傾向にあります。外惑星の主な組成は、水素、アンモニア、メタンで、いずれも反磁性物質で図の右の方に位置します。
 
つまり、惑星の組成と磁化率に基づく物質分布(図2)は一致しています。
 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "太陽系を探検しよう-32.磁化率理論~検証編~惑星の位置と組成の磁化率は一致する"

List    投稿者 kumana | 2013-03-31 | Posted in ⑫宇宙を探求するNo Comments » 
2013-03-21

君もシャーマンになれるシリーズ21~こころの脳:神経の仕掛け線と身体の反応、心の形成~

%E5%96%9C%E6%80%92%E5%93%80%E6%A5%BD.jpg
画像はこちらより転載しました ~喜怒哀楽の表情
 
こんにちは 😀 いつも「君もシャーマンになれるシリーズ」を読んでいただきありがとうございます
これまでシャーマン脳の解明において脳回路の視点からは、扁桃核、海馬について追求してきましたが、特に扁桃核の不思議はまだ多くあり、人間の心と直結してる感性の中枢でもあります。
 
私たちは周囲の環境、社会、人間関係など多様な外圧から、快・不快を感じ、危機を判断し、感情を現します。創造して考え知識を蓄えることも出来て、相手を思う気持ちもあります。これら意識や行動の底にある「こころ」と捉えられるものは、基本的には頭(脳)で造られているように思われています。
一方、緊張や恐怖で心臓の鼓動が早くなることや、感動して涙を流す等の身体の反応もあり、「こころ」とその反応は頭と身体が一体であることも実感できます。
この間、脳回路の危機察知と記憶の関係について扁桃核・海馬を調べてきましたが、今回は私たちの意識・意思・行動を起こす「こころ」というものが、扁桃核と周囲の器官、身体のネットワークはどのような繋がりがあるかみていきます。
↓クリックもよろしくお願いします

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "君もシャーマンになれるシリーズ21~こころの脳:神経の仕掛け線と身体の反応、心の形成~"

List    投稿者 yamatetu | 2013-03-21 | Posted in ④脳と適応No Comments »