2018-03-06

外圧適応の意志が遺伝子のスイッチを作動させる


画像はこちらからお借りしました。

20世紀中ごろにDNAの二重らせん構造が発見されました。研究が進む中で、生物はDNAという設計図とそこに記載されている遺伝情報(遺伝子)に規定され、「遺伝子がすべてを支配する(=遺伝子決定主義)」という考え方が主流となりました。

遺伝子が生物を形作る上で重要な役割を担っているのは確かですが、遺伝子がすべてを支配しているのではありません。生命体が外部環境(の変化)を察知して、適応しようとすることで、遺伝子群の作用の仕方が決まってくると捉える方が、事実と整合することがわかってきています。 (さらに…)

  投稿者 seibutusi | 2018-03-06 | Posted in 未分類 | No Comments »