2021-12-31

サル社会の構造13~原猿と真猿の違いとは?~

前々回、仮説と追求を繰り返し、探索していく「手探り回路」の獲得によって、「オスとメス」「ボスと弱オス」のように、状況も不全も欠乏も、全く違う個体が、集団化することができました。

※参考:サル社会の構造⑪~手探り回路による同一視回路の形成~

これにより、基本的に単独で生活する原猿から、「集団化する猿たち」へと変化することになりますが、ここから大きく言うと、テナガサル系とオナガザル系(テナガザル以外)に系統分化していくことになります。

ここでは、これらの集団化する猿をひとくくりに「真猿」と呼ぶことにします。

それでは、この集団化した真猿たちと原猿とでは、具体的に何が違うのでしょうか?
今回は、これらの違いを大きく整理していきたいと思います。

 

■原猿と真猿の違いとは?

まず、真猿と括られる猿には、

オナガザル系:パタスモンキー、二ホンザル、マントヒヒ、カニクイザル など
テナガザル系:シロテナガザル、オランウータン、ゴリラ、チンパンジー など

に系統分化します。下記の写真と特徴を見ながら、違いを抑えていきましょう。

 

 

1)身体的・行動的な違い→共認機能の進化

写真からも分かるように、まず真猿には「顔に毛がありません」。そして、原猿は樹の枝に対して、前足と後ろ足の4つ足で捕まっていますが、真猿は上半身を起こして、後ろ足2本で「半直立」状態を保つことができていますこれは一体何を意味するのでしょうか。

樹上で生活するには、バランス感覚が重要になりますが、その観点からすると、4つ足で捕まった方が有利な気がします。しかし、樹上生活が不利になってまで、上半身を起こす必要性とはどこにあるのでしょうか?

これは、「共認機能をより高める方向に進化した」ということを意味していると思われます。

まず、表情が見えるように”顔の毛を無く”し、身振り手振りのために”上半身を直立”させたと考えられます。例えば、オランウータンは手話ができるとも言われており、人類でもボディーランゲージがあるように、言葉が無くでも対象とのコミュニケーションを取る為には、身振り手振りは必須の手立てです。

そして、共認機能の土台としての親和行為を発達させた”毛づくろい”を行うようになった。原猿時の”鼻のなめ合い”よりも、密着充足度が高く、より充足度を求めた結果なのだと推察できます。

これにより、知能がより一層進化したことになります。共認機能により、集団化が可能となり、様々な集団形態が可能になりました。

 

2)授乳期間、子育て期間の長期化→知能進化

原猿に比べて、授乳期間や子育て期間が異常に長期化します。

例えば、原猿(アイアイやスローロリス)だと、授乳期間は半年程度、子育て期間は2年程度です。
しかし、真猿の授乳期間は、パタスモンキーやマントヒヒで、1年~1.5年。テナガザル系のチンパンジーで4~5年。オランウータンに至っては、7~8年も授乳します。子育て期間はオナガザル系で5~6年。テナガ系だと、15年程度もの子育て期間がかかるようです。

これらの理由として考えられるのは、「大型化」した為と、「知能進化」が理由と考えられます。
特に、知能進化の点については、哺乳類の時にも扱いましたが、皮膚感覚の発達によって探索回路を発達させ、知能進化をもたらします。

皮膚感覚の快感回路(安心感)の発達は同時に不快感や、何かおかしいという違和感や、しっくりこないなどの不整合感の感覚も鋭敏にさせます。
実はこの不整合感の回路こそが、探索回路を発達させる駆動力になります。
哺乳類の知能進化⑤ ~皮膚の発達が先か?脳の発達が先か?~

 

授乳中のスキンシップは皮膚感覚を発達させます。

つまり、授乳期間を延ばすことで、皮膚感覚が発達→加えて授乳中は母ザルに合わせて、子どもも重心を移動させる訓練を積むことで、体性感覚(バランス感覚)が養われ、それらが知能を進化させます。

 

3)集団内で「メスが残留」する

これは、オナガザル特有の特徴ですが、複雄ザルの登場によって、メスは単体はもとより集団での縄張り確保がほぼ不可能となります。したがって、メスはよりオスを引き付けておく必要に迫られるし、集団に依存するしか生き残る術がありません。

このように、メス側の理由は比較的容易に想像が付きますが、ではオス側にとってはどうなのでしょうか?

オスが集団化したということは、オスの闘争力でその集団の強さや序列が決まるはずで、そこに戦力的に劣る「メスを残留させる」意味やメリットはどこにあるのでしょうか?

これは、おそらくオスの闘争力が、メス発の充足力(毛づくろい)によって規定されるという構造があるからではないかと思われます。

つまり、闘争充足よりも親和充足の方が、真猿集団の統合力という点において上位(≒より深い位置)にあり、戦力には劣るが親和充足度の高いメスを残留させたのではないか。

つまり、共認機能を獲得した集団においては、「充足そのものが活力の源であり、闘争力の源である」ということなのではないでしょうか。

 

※今年は、ここまで。

来年度も引き続き、サル社会の解明から、猿人→人類へと進化する過程での様々な機能の獲得や生命の本質、集団の本質を解明していきたいと思います。来年も宜しくお願いします。

  投稿者 tuti-nor | 2021-12-31 | Posted in 4)サルから人類へ…, ①進化・適応の原理No Comments » 

サル社会の構造⑫~真猿の進化史~

サル社会の構造シリーズでは、原猿の進化過程とその過程で獲得した機能などを追求してきました。

直近のブログでは同一視回路→共認回路を獲得した原猿の「オス・メス関係」や「オス・オス関係」がどのように変化したのか?を追求し、オスメス単独からサル集団へ至る過程と獲得した機能を追求しました。

サル社会の構造⑨ ~共感機能→期待応合回路を獲得した後、オス・メスの関係はどのように変化したか~

サル社会の構造⑩ ~オス同士の集団化はどのようにして形成されのか?~

そして、原猿弱者同士が闘争共認してできたサル集団を「真猿」と呼んでいます。次のブログから「原猿と真猿の違い」を追求テーマに進めていくため、今日のブログでは「真猿の進化史」について扱い、原猿と真猿の違いを追求する基礎としていきます。

(さらに…)

  投稿者 t-kenta | 2021-12-29 | Posted in 4)サルから人類へ…, ①進化・適応の原理No Comments » 

【番外編】生物の形は、DNAではなく電磁波が作り出す。

現在の科学は、地質学、物理学、化学、生物学、天文学のいずれにおいても、形がどのようにして生まれるのかを説明するのに適していません。物事の形がどのようにして生まれるのかを説明する際には、一部の理解をまるで全ての事が分かったかのように示しており、かなりの量のごまかし、未明な領域があるのです。

例えば、私たちが遺伝子と呼んでいるものは、DNA全体の中では非常に小さな部分です。遺伝子とは、タンパク質を作るための青写真が書かれたコードのごく一部です。DNAのほとんどが何をしているのかはまだわかっていませんが、「DNAが生物のすべてを決定する」という”セントラル・ドグマ”もDNA信仰がひとつです。

しかし、生命というものは、物質だけに還元されるような単純なものでも、ある個体が自己に内在する能力だけで組織化を行うわけではない。外界(外圧)との関係の中で形成されるもので、”セントラル・ドグマ”は間違っているのです。

私たちはDNAについて間違って教えられてきた?」及び「生物の形はDNAがつくるのか?」より引用します。
(さらに…)

  投稿者 m-yoriya | 2021-12-24 | Posted in ①進化・適応の原理, ⑧科学ニュースより1 Comment » 

サル社会の構造⑪~手探り回路による同一視回路の形成~

前回、前々回とオスとメス、ボスと弱オスそれぞれがどうやって集団化したのかについて話をしてきました。
「オスとメス」「ボスと弱オス」状況も不全も欠乏も、全く違う個体がどうやって同一視回路を形成し、集団化したのでしょうか? (さらに…)

  投稿者 takayama | 2021-12-22 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 

サル社会の構造⑩ ~オス同士の集団化はどのようにして形成されのか?~

それまで別世界で生きてきた同類オスとメスですが、原猿からはオス・メス集団、複数オス集団というのが登場します。

前回は「オス・メスがどうやって集団化したのか?」を扱いましたが、今回は【オス同士の集団化】について扱います。

ここの追求が明らかになれば、人類にとっての「集団とは何か?」「関係(≒人間関係)とは何か?」「オス・メス(男女)の関係」とは何か?の根本原理が解明できるはずです。

 

以前のエントリー(サル社会の構造⑤~原猿オスに同化⇒若オス達の意識にどんな変化が生まれたのか?~)で、弱オス間で共感機能と期待応合回路が形成されました。では、それを受けてどのようにオスの集団は形成されてきたのでしょうか?

 

(さらに…)

サル社会の構造⑨ ~共感機能→期待応合回路を獲得した後、オス・メスの関係はどのように変化したか~

これまでのブログでは、弱オス間で形成された「共感機能(同一視)→期待応合回路」について扱ってきました(サル社会の構造⑤~原猿オスに同化⇒若オス達の意識にどんな変化が生まれたのか?~)。

不全感に苛まれ続ける、先の見えない無限苦行の状況から「相手と自分の”状況”の同一視」→「相手と自分の”欠乏(心情)”の同一視」→「期待応合関係」の獲得へと向かいます。

やがて、期待応合回路を獲得した弱オスの一部がボスとなり、その子どもたち(オスメス)にも受け継がれていきます。それによってオスメスの関係はどのように変化していくか?ここが今日扱うテーマです。

(さらに…)

  投稿者 t-kenta | 2021-12-14 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 

サル社会の構造⑧ ~原猿段階の知能進化の要因とは?(樹上過密化後②)~

以前のブログでは樹上の過密化以降の知能進化の要因は、同類把握の機会が増えたこと、快の感覚の発達が要因だと結論づけました。今回はこれ以外にも過密化以降の知能進化の要因を追求していきます。

■“快の感覚の発達”からの皮膚感覚の発達

(さらに…)

  投稿者 takayama | 2021-12-09 | Posted in 3)地上へ進出した哺乳類(原猿から真猿へ)No Comments » 

皮膚感覚は微細な変化も逃さず脳に情報を伝達する

原始哺乳類の原モグラは、外敵を避けて、土中に隠れ住み、視覚機能を後退させて、触覚⇒皮膚感覚を発達させる方向に進化しました。
加えて哺乳類は授乳や子どもを誉めるなど、スキンシップを通じて、皮膚感覚に快感機能を付与することで、皮膚感覚の回路を著しく発達させました。

皮膚は感覚機能として極めて優れています。例えば、日本の職人さん。大工さんは、手で触るだけで「良い木かどうか?」が分かると言い、板金職人は、一ミリ以下の凹凸も手で触るだけで感じ取ることでできるそうです。
つまり、皮膚は視覚などの他の感覚機能に比べて、極めて優れた識別能力を持っているのです。

哺乳類の知能進化① ~知能進化のカギは皮膚感覚にある~』では皮膚はそれ自体が駆動物質=情報伝達物質を分泌すると言う仮説を立てました。
実際、哺乳類は皮膚で感じた感覚はどのように脳に伝達しているのでしょうか?

(さらに…)

  投稿者 m-yoriya | 2021-12-07 | Posted in 2)知られざる原始哺乳類, ④脳と適応No Comments » 

サル社会の構造⑦ ~原猿段階の知能進化の要因とは?(樹上過密化後)~

前回のブログでは、原猿の知能進化の要因を「樹上過密化前」の状況から追求していきました。今回は「樹上過密化後」の状況から知能進化の要因を探っていきます。

まず、樹上過密化後の原猿の状況は、若オス・縄張りオス・メス、すべてが「無限苦行状態」(サル社会の構造②~大型化して樹上を独占した原猿がぶつかった外圧~)。

絶え間ない同類闘争により本能は混濁。しかし、この逆境の中で見出した一筋の可能性が「相手と自分の“状況”の同一視」→「相手と自分の“欠乏(心情)”の同一視」→「期待応合関係へ」です。(サル社会の構造⑤~原猿オスに同化⇒若オス達の意識にどんな変化が生まれたのか?~

この状況下で哺乳類の知能進化につながった要因を整理していきます。

(さらに…)

  投稿者 t-kenta | 2021-12-03 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 

サル社会の構造⑥ ~原猿段階の知能進化の要因とは?(樹上過密化前)~

前回は、若オス(弱オス)間で形成された共感機能(同一視と期待応合)の過程に同化していきました。

 

サル社会の構造⑤~原猿オスに同化⇒若オス達の意識にどんな変化が生まれたのか?~

 

★「相手と自分の”状況”の同一視」→「相手と自分の”欠乏(心情)”の同一視」→期待応合関係へ」

 

心情への同一視から期待応合関係を築くにあたって、相当の探索回路が働いていることがわかります。

 

このことは原猿段階で、モグラはもとより、一般哺乳類以上に知能が進化しているということを示しています。

 

哺乳類の知能進化⑦~外敵闘争と同類(性)闘争は何が違う?~

ではその理由は何なのか?を今回は探っていきたいと思います。

まずは、原猿が樹上に住めるようになって【過密状態になる前の段階】で、どのような変化が起きたのでしょうか?

 

(さらに…)