2011-12-30

時代の最先端?!オスが出産する???~タツノオトシゴ~

今年も、早いものでもう終わりですね
そして、来年の干支は・・・・そう「タツ」です
毎年、楽しみにしてくださっている皆さん、お待たせしました
恒例の干支シリーズをお楽しみください
タツノオトシゴって、ちょっと変わった外見もそうですが、生物的にとーーっても独特な生態を持つそうなんです
これは、生物史ブログとしても、扱わないわけにはいきませんよね :wink:
seahorse.jpg
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ
いつも応援ありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 tateko | 2011-12-30 | Posted in 6)“祖先の物語”番外編3 Comments » 

太陽系を探検しよう―6.彗星の正体に迫る(その1)

こんにちは~
%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%97%E5%BD%97%E6%98%9F.jpg
上の写真は、こちらのサイトからお借りしました。
これは、1997年に撮影された、へールボップ彗星です。
当時、ワクワクしながらニュースを見ていた人も多いのでは?
彗星には、一定の周期で姿を見せるものもありますが、実は、毎年見つかる彗星の約半分は、初登場の、まったく新しく発見された彗星です。
次々と現れる彼らは、いったいどこからやってくるのでしょうか?

太陽系を探検しよう―3.太陽系惑星では、こんなにいろんなことが起きている!に続き、今回は、彗星の素顔に迫ります。
調べる中で湧いてきた「なんで?」も挙げておきます。
ご存知の方、ぜひコメント頂けると嬉しいです

ブログランキング・人気ブログランキングへにほんブログ村 科学ブログへ

(さらに…)

  投稿者 kanae | 2011-12-27 | Posted in ⑫宇宙を探求するNo Comments » 

君もシャーマンになれるシリーズ5~南米のシャーマンは何を見ているのか?

前回の投稿で、「シャーマンの存在基盤は共同体である」ことを明らかにしました。
 
シャーマンは、アジア・南米・アフリカ等に存在していますが、アジアのシャーマンが踊りや祈り(歌)によって覚醒するのに対して、南米(特に中南米)では、幻覚植物を利用して覚醒するという違いが見られます。
覚醒の方法が両者で異なりますが、彼らが見ている世界に違いはあるのでしょうか?
 
アジアと南米のシャーマンが見る幻覚世界を調べ、彼らの世界観に迫るとともに、地域によるシャーマンの役割の違いやその歴史を探っていきます。
%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%82%AB%EF%BC%91.jpg
  
本日は、南米のシャーマン(ペルーのクラーンデーロ)が見る世界に迫っていきます。
続きを読む前にクリックお願いします。
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

(さらに…)

  投稿者 andy | 2011-12-15 | Posted in ⑬宇宙人・スピリチャル2 Comments » 

太陽系を探検しよう―5.地球の大気圏はどうなっている?(その1)

太陽系を探検しよう―4.地球の内部はどうなっているのか?(その1)に続いて、今日は私たちをとりまいている大気圏の構造を見ましょう。
1.大気圏の構造
★大気圏は、地球を包む気体の球状の層で、地球の重力によって引き付けられ保持されていますが、大気はどこまであって、どこまでが「地球」といえるのでしょうか?
大気の密度(空気の濃さ)は、上に行くにつれて連続的に減っていくので、大気の密度からだけでは「どこまでが地球で、それから先は宇宙」とはっきり境界を決めることはできません。しかし、わずか地上100~200kmに上るだけで、大気密度は地上の100億分の1、多くの人工衛星が周回する地上500kmでは1兆分の1以下にまで急激に下がり、このあたりは宇宙空間とあまり違わない。
またオーロラは、太陽に源をもつプラズマと、地球の大気の両方の作用によって発生するので、オーロラを宇宙と地球の境界と考えることもできます。この場合、オーロラカーテンのひだの縁が地上100km~上端が500kmなので、500kmくらいまでが大気圏となります。
(注)極度に薄くても大気層が存在することをもって、1000kmまでを大気圏とする考え方もあります。
aurora02.jpg
基地から北東方向に出現したアーク状オーロラ. 南極大陸の水平線にオーロラが沈んでいる.
mitsuteru sato’s web pageよりお借りしました。)

応援、よろしく~  ブログランキング・人気ブログランキングへ  にほんブログ村 科学ブログへ

(さらに…)

  投稿者 okamoto | 2011-12-04 | Posted in ⑫宇宙を探求するNo Comments »