2011-12-15

君もシャーマンになれるシリーズ5~南米のシャーマンは何を見ているのか?

前回の投稿で、「シャーマンの存在基盤は共同体である」ことを明らかにしました。
 
シャーマンは、アジア・南米・アフリカ等に存在していますが、アジアのシャーマンが踊りや祈り(歌)によって覚醒するのに対して、南米(特に中南米)では、幻覚植物を利用して覚醒するという違いが見られます。
覚醒の方法が両者で異なりますが、彼らが見ている世界に違いはあるのでしょうか?
 
アジアと南米のシャーマンが見る幻覚世界を調べ、彼らの世界観に迫るとともに、地域によるシャーマンの役割の違いやその歴史を探っていきます。
%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%82%AB%EF%BC%91.jpg
  
本日は、南米のシャーマン(ペルーのクラーンデーロ)が見る世界に迫っていきます。
続きを読む前にクリックお願いします。
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

 にほんブログ村 科学ブログへ


■ペルーのシャーマンが見る世界
南米の原住民の中では、宗教儀式・民間医療の治療の際に幻覚植物が使われます。
ペルーのシャーマン(クランデーロ、白魔術師)は、心と体の病気を治すために、アワヤスカ(つる植物)とチャクルーナの葉を混合させて作った幻覚剤を患者に飲ませ、患者の心を解きほぐすのに利用しています。
 
アヤワスカの有効成分はハルマリン、チャクルーナの有効成分はトリプタシンであり、強力な幻覚作用をもっているうえ、現在では、欧米や日本など多くの国で非合法とされています。一方、ペルーやブラジル、その他南米諸国では、1万年以上前からアヤワスカが使われており、宗教儀式の一貫として認知されており、合法化されています。
  
%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%82%AB%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
アヤワスカの木
  
ひどい苦味のあるアヤワスカ茶を飲むと、激しい吐気、嘔吐、下痢をもよおす場合が多く、そのため先住民族の間では、アヤワスカの儀式を、嘔吐により身体から寄生虫や毒などを取り除く「浄化」と呼んでいます。服飲後30分ほどで効果が現れ、強力な幻覚作用に襲われるようです(作用時間は2~6時間程度)
いったい、どのような幻覚を見るのでしょうか?
 
ヒトマワリヒトリタビ – ペルー12-アヤワスカ体験記03より引用

http://azutrip.blog101.fc2.com/blog-entry-490.html


吐き気に耐えることどれくらいだろう?1時間くらい?
気付いたら、気持ち悪くなくなってた。これ、第二ステージ。
「あ、気持ち悪くない。キタ!」
いつもはここまで。気持ち悪くなくなるって脳みそフル回転みたいな状態になるんだけど、そこまでだった。
でも今回は違う。
 
うわうわうわうわ!!!!
 
なんか見える!あれ?あれ?これ夢じゃないよね?夢じゃないよね?
俺起きてる?起きてる!意識はハッキリある!!!
ってことは?キタ!これだ!!!!!!!!!!!
 
何度も自分の意識を疑ったけど、やっぱ夢じゃない。俺の意識は結構ハッキリしてる。
脳みそもフル回転状態。
 
このとき俺は体外離脱体験的な状態で、意識だけ体を離れてずーっとずーっと上まで登って行ってた。白い粒子の様な物に囲まれて、光の穴の様な中をずーっと登って行ってた。
一般的に体外離脱体験の時は自分の実態を認識したりするらしいけど、俺は自分がどういう状態かはよくわからない感じ。視覚だけが飛んでる様なイメージ。
 
(中略)
※筆者追記:この後、巨大な虫に襲われる幻覚を見る
 
虫の攻撃が治まって来ると、幾何学模様だったか呪文だったかわかんないけどそういう赤いリングの様な物が見える。
「あー、なんか来るなー」
って思ってると、突然脳みそがスパークする。
 
バシュッ!!!って白い閃光の様な物が目の前を走る。
 
そのあと、なんだか脳みそが妙にスッキリしている。
脳のリミッターが一つ外れたような、そんな感覚。
 
(中略)
 
リミッターが外れて、何度も虫とか他の何かに襲われて
「ああ、シンドイ。なんだこいつら。もう勘弁して。」
くらいの状態になる。
自分のイメージで作り出したものなら「はい!ここで終わり!」って思ったら終わりなんだけど、アヤワスカはそういうわけにはいかなくて、強制的にイメージを脳に直接流し込んで来る感じ。
 
今度は時間の感覚がよくわからなくなった。
過去に飛んで行った様な錯覚が何度も何度も襲って来た。
どういう状態だったかは詳しく覚えてないけど、一区切りついた時に
「あれ?いまどこにいるんだっけ?いま何年だっけ?何時だっけ?俺何歳だっけ?」
結構何度も確認した。あれはすごーく不思議な感覚。
 
ああ、シンドイしんどいって思ってたら(このとき俺は「ああぁ、うぅ・・・」ってうめき声をあげたり、呼吸が荒くなったりしてる)、ビジョンは次の段階に進んだかも?
 
共感覚ってわかります?
音を聞いたら、色を感じたりする5感が交錯して混ざり合ってしまう現象。絶対音感を持ってる人などに多いらしい。
その現象が自分の身に起きた。
音を聞いたら、イメージが飛び込んで来る。
どんなイメージだったか忘れたけど、音に反応してイメージが出来上がる。
「これ、凄いな。なんだこれ?」
って案外冷静に見てるんだけど、それでも容赦なく音は映像に変わっていく。


-引用終わり-
 
すごく生々しいですね。。
これは、ある日本人が現地でアヤワスカを飲み、そこで体験した幻覚を文章化したものです。強烈な幻覚作用によって、身体感覚の変容、幽体離脱等の超常現象が起きているようです。
次回は、幻覚植物を利用することで見る世界にどんな特徴があるのか?また、南米シャーマンの歴史について追求していきます。

List    投稿者 andy | 2011-12-15 | Posted in ⑬宇宙人・スピリチャル2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2011/12/1230.html/trackback


コメント2件

 匿名 | 2013.10.25 13:54

ガンが現代医学のせいで増加したみたいな書き方をされてますが、ガン以外の死因が現代医学やら食糧事情の改善やら衛生の向上やらで減りまくった結果、ガンでの死亡が目立つようになっただけ。
ガンもエイズもエボラも治療法が確立されてみんな天寿を全うできるようになったら「現代医学のせいで老化による死が増加している」というのと同じ誤謬。

 yhonda | 2013.10.29 20:55

現代医学のせいでガンが増えたとは言っていません。ガンの解決策が長い間見つかっていない現状を見ると、現代医学では解決方法が見つけられないのでは?という問題提起です。
その可能性提示としてご紹介しています。

Comment



Comment


*