2017-08-15

エピジェネティクス~DNA配列を変えない=適応速度を高める生き残り戦略~

epi_05
写真はこちらからお借りしました。

かつては、遺伝子の配列によって形質は規定されるという考え方が主流でした。しかし、「DNA配列の変化によらず後天的な修飾により遺伝子発現が制御・維持される(=エピジェネティクス)」という考え方で捉えることで整合する事実が確認されるようになりました。これは、生物の適応戦略において極めて重要な仕組みです。

エピジェネティクスについては、当ブログで過去にも紹介していますが、今回は生物にとって重要な外圧適応という観点から考えてみたいと思います。
【参考】
◇エピジェネティクスって、何?
◇エピジェネティクス~世代を超えて情報を伝える仕組み

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "エピジェネティクス~DNA配列を変えない=適応速度を高める生き残り戦略~"

List    投稿者 seibutusi | 2017-08-15 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
2017-08-13

日本語の科学の可能性

多くの国では、基本的に科学を英語で学んでいるが、日本では科学を母国語で学ぶことができ、専門用語も多くが日本語であらわすことができる。実は世界を見渡しても、欧米の言語と全く異質な母国語を使って科学をしている国は極めて稀なこと。そうであれば、ここに日本から近代科学を超えた次代の科学を生み出す可能性があるかも知れない。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "日本語の科学の可能性"

List    投稿者 seibutusi | 2017-08-13 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-08-11

科学はなぜ停止したのか?

20世紀初頭のアインシュタイン等の時代以降、科学の発展は止まっている。しかし、もし科学が大きな進化を遂げれば、人々の生活も大きく変わる。

例えば、生命原理を深く捉えた科学理論が出来上がれば、生きることや健康であることの意味すら塗り替えられ、よりよく外圧適応できる(=より充足できる)未来生活を送るために、精神と体をどのように統合していくか?などが新しい医療とも哲学ともいえる思想として共認されるだろう。

そこでは、もはや物質に偏った科学や生活や医療ではなく、人間としての生き方を問う、本源的なものになるだろう。

では、科学や医療が停滞している理由はなにか?それは、市場社会での金貸支配という現代社会の支配構造の問題という側面もあるが、より深い位相に、近代科学の思考方法の限界』『科学者という職業選択の動機が私権獲得のみになった』が存在する。 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "科学はなぜ停止したのか?"

List    投稿者 sinisn | 2017-08-11 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-03-30

生物の“知能”の原型

347fb9c7画像はこちらからお借りしました

生物が知能(ex.判断力や記憶力といった能力)を行使できるのは、神経細胞の集合体である脳によるところが大きいです。

しかし、脳はおろか神経細胞すら全く持たない単細胞生物が、判断力や記憶力を備えているかのような行動をとることがわかっています。

生物が備えている“知能”とは何なのでしょうか?

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "生物の“知能”の原型"

List    投稿者 seibutusi | 2017-03-30 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-01-03

植物は知性を備え集団を形成している

001937903-1_m
画像はこちらからお借りしました

以前に「万物に意識がある ~植物の“意識”~」という記事で、植物にも意識があるという実験事例を紹介しましたが、近年の調査研究によると植物にも知性や感情があると捉えた方が、理に適う現象がたくさんあることがわかっています。

植物は、動物のように脳や臓器を持たず、能動的に移動しませんが、五感を備えており、記憶、意思伝達、相互協力、防衛、攻撃といった行為により生き延びているのです。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "植物は知性を備え集団を形成している"

List    投稿者 seibutusi | 2017-01-03 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-01-01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

昨年は、現代の医療が金貸しの利益のためのものであり、医療にかからないほうが長生きするという事実が、近代医療洗脳から解き放され、それまでの少数の信奉者の世界が、一気に一般化した年であった。

その背後には、

  • ソマッチドを活性化させること
  • 千島学説に基づく血液を正常にする食生活
  • 人体固有の波動を再生する波動発生器の利用

などの、今までの医療では手に負えなかった癌などの慢性病も治癒する事例が、続々と社会に発信されるようになったという事実がある。

しかし、治癒にいたる現象は数多くあるが、その原理が解明できていないため、金貸しの手先の現代医療関係者からの反撃を許し、正しい医療への転換が思うように進んでいないという現状がある。

人類の未来のためには、今後、ここを突破して、新しい医療への転換を加速する必要があるが、そのたの共認形成の核となる、治癒原理の解明がまだ緒についたばかりという状況だ。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "あけましておめでとうございます"

List    投稿者 sinsin | 2017-01-01 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
2016-12-30

生物にとってエネルギーとは何か?

46 億年の歴史を持つ地球に生命か?誕生したのはおよそ38 億年前。生命の誕生には、豊富なミネラルを含む溶液の安定した環境である「海」の存在が不可欠でした。この溶液の中て、たまたま生じた核酸とその鋳型による複製を手段として生命が誕生したと考えられています。最初は藻や細菌類のような単細胞生物で始まり、およそ10 億年前には多細胞の生物が生まれ、次第に複雑な生物となっていきます。そしていわゆるカンフ?リアの大爆発と呼ばれる 多種多様な生物の出現に伴い、脊椎動物が出現するのがおよそ 5 億年前。魚類で始まった脊椎動物は、やがて両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類へと進化の道筋をたどります。

この生物の進化には、そのエポックとなる大きな進化が何度か起きていますが、その一つが動物の「海から陸への上陸」です。ここで、生物が直面したのが「1Gの重力」という未知の外圧でした。

ふだんは意識することはありませんが、私たちは地球の1Gという重力環境で生きています。地球上に存在するあらゆるものには、1Gという重力があまねく作用しています。したがって、この地球上で生れた生物は、この重力からの影響を受けながら生きています。そして、生物進化にも重力は大きく関わっています。

今年、重力波が初めて検出され話題になりなしたが、重力はまだまだ未明課題が多く残りる研究分野です。今日は、この「重力(重力エネルギー)」を足がかりとして、「エネルギー」と「生物進化」との係わりについて考えてみます。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "生物にとってエネルギーとは何か?"

List    投稿者 seibutusi | 2016-12-30 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2016-11-03

Y染色体なしで繁殖機能を持つ“オス”

20081013162802
画像はこちらよりお借りしました

多くの哺乳類は、遺伝子により性決定を行っており、X染色体、Y染色体がその決定に関わっている。そして、Y染色体を持つ個体がオスとなる。
しかし、Y染色体を持たずとも繁殖機能を持つ“オス”が確認されている。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "Y染色体なしで繁殖機能を持つ“オス”"

List    投稿者 seibutusi | 2016-11-03 | Posted in ①進化・適応の原理5 Comments » 
2016-10-06

触覚の不思議2~他人に触られると「くすぐったい」のに、自分で触ってもなんとも感じないのはなぜ?

親子間の「くすぐり遊び」は、子どものコミュニケーション能力を高める効果があると言われます。かつて日本には「くすぐる育児」という育児が行われていました。日本人は伝統的にスキンシップの効用を、身をもって知っていたようです。

くすぐり(写真はコチラからお借りしました)

 

外界の状況を認識する「温覚」や「冷覚」、身体の危機を認識する「痛覚」。それらの『触覚』は、自然外圧に適応するために不可欠な感覚です。「くすぐったさ」も『触覚』の一つですが、それは「温覚」「冷覚」「痛覚」などとは異なり、自然外圧を認識するような機能はありあせん。

こうして比べると「くすぐったさ」は本質的にあまり重要な意味を待たないような気がしてきます。この「くすぐったい」という感覚は、私たちにとってどのような意味があるのでしょうか?

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "触覚の不思議2~他人に触られると「くすぐったい」のに、自分で触ってもなんとも感じないのはなぜ?"

List    投稿者 seibutusi | 2016-10-06 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2016-09-22

葉緑体と共生して光合成を行う動物

ウミウシ
画像はこちらからお借りしました。

多細胞生物の動物であるウミウシの中には、藻類を摂取して体内に葉緑体を取り込み、光合成を行って生成した糖をエネルギーとして生きる種があります。

葉緑体は自身が存続するのに必要なタンパク質全てを作り出すことができないので、藻類細胞核で作られるタンパク質によって活動を維持しています。
光合成を行うウミウシは、藻類が持つ葉緑体へのタンパク質の供給に関わる遺伝子を自らの遺伝子に組み込むことで、体内に取り込んだ葉緑体の活動を維持しているのです。
また、この遺伝子はウミウシの生殖細胞にも存在しており、葉緑体を受け入れる機構は適応手段として定着している事がわかります。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "葉緑体と共生して光合成を行う動物"

List    投稿者 seibutusi | 2016-09-22 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
1 / 13712345...102030...最後 »