2018-05-02

微生物(細菌・真菌・ウイルス)、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体。

>近年、ゲノム解析技術の進歩により、細菌は皮膚や内臓など体の各部位に群集で生息し、特有の生態系を形成していることがわかった。マイクロバイオーム、あるいは細菌叢と呼ばれるこの細菌の群集は、消化や免疫など宿主=人間の生存に不可欠な機能を提供し、宿主の遺伝子にも影響を与える。
事実、
>最近の医学や栄養学の世界の考え方が大きく変わりつつあり、人間は単独で生きていく生き物ではなく、互いに協調・競合する微生物を内部に秘めた複雑な生態系だと考えられるようになりつつある。
近代西洋科学は人間中心主義で自然は征服する物と考えており、自然の摂理を逸脱している。その為現代社会は全ての面で閉塞となっている。
古代人が「精霊信仰≒自然の奥に精霊の存在を見る」に可能性を見出したのは、
地球上のすべて(微生物、植物、そして自然)が人類と共生関係にあると当然の様に理解していたからと言える。

注)精霊信仰
極限時代の人類が、自然に対して期待・応望(=共認)を試みたこと。共認機能は、元来は同類を対象とするが、人類は自然(ex.一本一本の木)の奥に精霊を措定することでその共認機能を自然に向けて発動した。この精霊信仰こそ、人類最初の観念(人類固有の観念機能の原点)である。自然の背後に精霊を見るのも、物理法則を見るのも、基本的には全く同じ認識回路であり、科学認識=事実認識の原点である。
実現論 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=400&t=24

_______________________________________________
In DEEP https://indeep.jp/bacteria-virus-with-human-microbiome/ より
___________________________________________________
■「微生物、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体であるかもしれないことを確認させてくれる「人間と細菌たちの共存=マイクロバイオーム」の概念」
最近の科学で明らかになっていることは、
「人間は、腸内などの微生物群がいなければ、生存できなかった」
ということです。

そういう「人類と共生する微生物たち」が地球にいたからこそ、現生人類は地球に根付いて以来、堂々と地球で生きられている。自然の大災害や戦争や経済混乱が起きても、体内の微生物がいる限り、人類という「群」は一応は絶滅せずに生き続けられる(おそらく今後も)。

(略)
【植物が「緑色」であり続ける理由がわかった!】
そして人間の生活システムの完成は「植物との完全な共生」にあるのかもしれないことも
という記事で、「植物がこの世にある意味」というようなことが、おぼろげながらわかってきたわけです。
その意味は、おごった意味ではなく、
「植物は人間のために存在している」
ということです。
なぜ、これがおごっていないかというと、
「人間も植物のために存在しているから」
です。
完全な共生。
完全な表裏一体。
それが植物と人間の関係です。

そして、今、「微生物もそうだった」ということが、今回のマイクロバイオームについて知ったことで理解できてきたのです。
「微生物(細菌、真菌、ウイルス)は人間のために存在している」
と共に、
「人間は、微生物のために存在している。
とも言えるはずです。

【次の食品流行】: それはあなたの持つマイクロバイオームに(栄養を)供給をすること
世界最大の食品会社で働く微生物学者たちは、今なお忙しく、それについての研究開発に取り組んでいる。
私たちのほとんどは、その宝の山というのが何かは聞いたことがないかもしれないが、しかし、それらの新製品についての製品がどのようなものかを推測することはできる。
「ヒューマン・フード・プロジェクト」( Human Food Project )の創設者であり、急速に進んでいる「ヒト・マイクロバイオーム」を含む研究フィールドの第一人者でもあるジェフ・リーチ( Jeff Leach )氏は以下のように述べる。
「今後数年間で、マイクロバイオーム製品の登場により、人々は食品を求めてスーパーの長い商品売り場の通路を歩く必要がなくなるでしょう」
この分野の研究は、たとえば、糖尿病やガン、肥満などのような現代の生活習慣病への治療への観点で驚くべ可能性を見せているジャンルだ。
(略)
およそ 100兆個の微生物、それは細菌、古細菌、真菌、原生生物、そして、ウイルスなどに「食糧」を供給するようにつくられた製品だ。

【次の食品流行】 : それはあなたの持つマイクロバイオームに(栄養を)供給をすること
食品業界は、次世代の「宝の山」の製品の上に座っているのかもしれない。
世界最大の食品会社で働く微生物学者たちは、今なお忙しく、それについての研究開発に取り組んでいる。
私たちのほとんどは、その宝の山というのが何かは聞いたことがないかもしれないが、しかし、それらの新製品についての製品がどのようなものかを推測することはできる。
「マイクロバイオームは、人間の代謝活性の大きな範囲を担う”新たに発見された人間の臓器”と考えるのが合理的だと思われる」
というものだ。
そして、多くの研究者たちは、今では、食べることにより「私たちのバイクロビオームに供給する(微生物を活性化させるような食べ物を自分で食べる)」ことが可能であることを認めており、あるいは、それを奨励している。
これらの食品製品群が、低脂肪、高タンパク、低炭水化物、低カロリー、低糖であることに加えて、これらは健康な細菌やプロバイオティクス(体に良い影響を与えると考えられている微生物)を取り込むことによって健康な腸を育てる。
_______________________________

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "微生物(細菌・真菌・ウイルス)、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体。"

List    投稿者 seibutusi | 2018-05-02 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2018-04-17

生命の誕生とRNAワールド仮説

実現論前史よりリンク
 進化の源泉はDNAの多様性にある。つまり、同一の自己を複製するのではなく、出来る限り多様な同類他者(非自己)を作り出すことこそ、全ての進化の源泉であり、それこそが適応の基幹戦略である。しかし、同類他者=変異体を作り出すのは極めて危険な営みでもある(∵殆どの変異体は不適応態である)。従って生物は、一方では安定性を保持しつつ、他方では変異を作り出すという極めて困難な課題に直面する。その突破口を開いたのが組み換え系や修復系の酵素(蛋白質)群であり、それを基礎としてより大掛かりな突破口を開いたのが、雌雄分化である。つまり、雌雄分化とは、原理的にはより安定度の高い性(雌)と、より変異度の高い性(雄)への分化(=差異の促進)に他ならない
上記の内容で
『一方では安定性を保持しつつ、他方では変異を作り出すという極めて困難な課題に直面する。その突破口を開いたのが組み換え系や修復系の酵素(蛋白質)群であり・・』
を解り易く説明した記事がありますので紹介します
【安定性を保持する遺伝子はDNA。変異を作り出す遺伝子はRNAである】
DNAとRNAの微妙な関係72より
>遺伝情報記録する「伝令RNA」、化学反応を触媒する「リボゾームRNA、運搬RNA」という、両方の役割を担える万能選手なのです。
太古の地球は、ある塩基配列を持ったRNAが、自己複製して増えていくといった生命と化学反応の中間のような、そんなドラマが繰り広げられる世界だったのです。
しかし、RNAはDNAに比べて不安定で、分解しやすい物質です。
それだけに、自然淘汰や突然変異のチャンスも大きいのですが、記録されたデータは失われやすく、変化しやすいので、保存性という意味で、RNAは不利な存在なのです。
⇒一部の「RNA」が、より安定な「DNA」へと変質
「生命の誕生ー 最初の生命はどうやって生まれた?RNAワールド仮説?」まとめ
リンク/より
【生命の始まりー「無機物から有機物へ」】
無機物に強い外部刺激が加わることで、生命の基礎である有機物が生成された可能性がある
有機物:生命活動に由来する物質または炭素元素(C)が原子結合の中核となる物質
無機物:有機物以外
【生命の誕生とRNAワールド仮説】
化学反応により「無機物」から「有機物」を生成
⇒ 「RNA(リボザイム)」とそれを囲む膜が出現
⇒ 膜内で「RNA」の情報を基に「アミノ酸」を生成
⇒ 「アミノ酸」が集まり「タンパク質」を合成
⇒ リボザイムの自己複製により、個体らしき存在の情報が維持、進化
⇒ 一部の「RNA」が、より安定な「DNA」へと変質
⇒ 単細胞生物の誕生
※ 「RNAワールド仮説」に基づく
【進化の歴史と多様性】
46億年前 ⇒ 地球誕生
38億年前 ⇒ 単細胞生物誕生
10億年前 ⇒ 多細胞生物誕生
5億年前  ⇒ 生物の多様化が加速
現在    ⇒ 1,000万種にも及ぶ多様性(推定)

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "生命の誕生とRNAワールド仮説"

List    投稿者 seibutusi | 2018-04-17 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2018-04-03

自然界における細菌は“生きているが培養できない”のが常態

01baiyo
画像はこちらからお借りしました。

近代医学においては、感染症の疑いがある患者に対しては、検査で細菌を採取して、「培養して同定する」という手順をとるのが“常識”である。
これは近代細菌学の祖とされるパスツールの時代から脈々と受け継がれてきた“常識”だが、
実は、自然界では「生きているが培養できない Viable But NonCulturable (VBNC)」状態で存在している細菌が圧倒的多数であることが明らかになっている。
むしろ、培養できる状態の細菌は自然界において極めて稀な存在であったのだ。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "自然界における細菌は“生きているが培養できない”のが常態"

List    投稿者 seibutusi | 2018-04-03 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2018-03-06

外圧適応の意志が遺伝子のスイッチを作動させる


画像はこちらからお借りしました。

20世紀中ごろにDNAの二重らせん構造が発見されました。研究が進む中で、生物はDNAという設計図とそこに記載されている遺伝情報(遺伝子)に規定され、「遺伝子がすべてを支配する(=遺伝子決定主義)」という考え方が主流となりました。

遺伝子が生物を形作る上で重要な役割を担っているのは確かですが、遺伝子がすべてを支配しているのではありません。生命体が外部環境(の変化)を察知して、適応しようとすることで、遺伝子群の作用の仕方が決まってくると捉える方が、事実と整合することがわかってきています。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "外圧適応の意志が遺伝子のスイッチを作動させる"

List    投稿者 seibutusi | 2018-03-06 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2018-01-03

生命の起源が明らかに!?~液滴の成長・分裂~

no-translate-detected_19-136616
画像はこちらからお借りしました。

生命の起源に関しては、様々な仮説が提起されていますが、20世紀前半にロシアのオパーリンが提唱した「有機物が集まって形成された“液滴”が自然に成長・分裂する」という説が注目されています。
これまで不明であった「液滴が細胞に至るまでの成長・分裂・増殖の過程」について、何らかのエネルギー源と液滴内の有機物が反応して、生命活動のような変化を示すことが確認されたのです。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "生命の起源が明らかに!?~液滴の成長・分裂~"

List    投稿者 seibutusi | 2018-01-03 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
2018-01-01

獲得形質が遺伝する構造

あけましておめでとうございます

昨年は、アメリカの影響力が目に見えて衰退し、民族派のプーチンほかの指導者の影響力が高まった時代でした。今年は影響を受けて、グローバルという拝金主義の価値から、人類は本来どう生きるべきなのかの新しい価値を追求して行く時代に転換していく時代になりそうです。

そんな時代に、人間の本性に関わる部分での学説の誤りは、追求の大きな足かせになります。その一例が、生物学の学説の中にある、獲得形質は遺伝しないというドグマです。

今回は、この学説がいかに幼稚な理論であるかを追求していきたいと思います。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "獲得形質が遺伝する構造"

List    投稿者 sinsin | 2018-01-01 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-12-29

ジャンクDNAは進化の推進力

最新のゲノム解析から、生物ゲノムには、多くのウイルス(およびその関連因子)が存在しており、それらが生物進化に重大な貢献をしてきたことが明らかになりつつある。ヒトゲノムでも、その約半分はウイルスとウイルスもどきの遺伝子配列が占めている。

DNA画像はコチラからお借りしました。

 ■ジャンクDNAは宝の山だった
以前は、そういったゲノム中の「ウイルスのようなもの」は、利己的な寄生者たちが勝手に増えて、その死骸、痕跡を巻き散らかしているだけの、ゲノムのゴミ=「ジャンクDNA」と呼ばれていた。

しかし、最近、実はその「ゴミ」が生物の機能や進化にとても大切な役割を果たしていることが次々と明らかになっている。生物のシステムというのは、例えば「哺乳動物とはこうあるべきだ」みたいな形で整然と進化してきたというより、ウイルスのような外部からの侵入者も取り入れ、あるいはゲノムの寄生者みたいなものも積極的に利用して、進化しているらしい。

いろんな技術者がパーツとなるソフトウエアを持ち寄ってシステムを作り上げて行くリナックスOSのように、ウイルス感染やトランスポゾンの転移により取り込まれた「パーツ」がて、それまでのゲノムに付加されて、いわばOSのバージョンアップのように進化が起こったのかもしない。

■ジャンクDNAから転写されるRNAの新しい機能
では、そのようなジャンクDNAはどのような機能担っているのだろうか?
最近の研究によれば、ncRNA(=ジャンクDNAから転写される、タンパク質の情報を持たないノンコーディングRNA)に遺伝子の発現を制御する重要な機能を持つことを明らかになってきている。

ncRNAには、「レトロトランスポゾン」(レトロウイルスのように、DNA→RNAへの転写と、RNA→DNAへの逆転写によって増殖する遺伝因子)に由来する配列が多数含まれている。その一部は発生や細胞分化に関わっている。

最近のマウスのiPS細胞での実験では、細胞内で発現しているレトロトランスポゾン由来のncRNAを、1種類ずつ阻害したところろ、4種類のncRNAをそれぞれ阻害すると、iPS細胞が特定の種類の細胞に分化し始めることを確かめられた。それらのncRNAは、幹細胞が特定の種類の細胞に分化するのを抑えていると考えられる。

幹細胞が特定の細胞に分化せずに、あらゆる種類の細胞に分化できる能力を保ち続けるためには、たくさんの種類のタンパク質を合成する必要があり、そのためには、多くの遺伝子のスイッチを同時に活性化させる必要がある。ncRNAはその役割を担っている可能性が高い。

ジャンクDNAやその情報を転写したncRNAは、これもの生命科学の常識を覆し、新しい生命観や新しい医療を築くための宝庫であることが明らかになりつつある。

参考
・書籍 :中屋敷均著『ウイルスは生きている』講談社現代新書
・サイト:「ncRNA の発現がiPS細胞とES細胞の違いを決める」

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "ジャンクDNAは進化の推進力"

List    投稿者 seibutusi | 2017-12-29 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-11-28

アマゾンの原住民ヤノマミ族は“先進国の民”よりも腸内細菌叢の多様性を保持している

84056885580fb6e2f13c696495b5f2e5_s
画像はこちらからお借りしました。

ヤノマミ族は、南米の熱帯雨林の奥地で暮らしを営んでいる原住民で、21世紀になって初めてその存在が確認されました。
文明との関わりはほとんどないままに過ごしてきていますが、これまでに確認された人類の中では最も多様な腸内細菌叢であることが判明しました。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "アマゾンの原住民ヤノマミ族は“先進国の民”よりも腸内細菌叢の多様性を保持している"

List    投稿者 seibutusi | 2017-11-28 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2017-11-07

生物と鉱物は互いの進化・変化を促進してきた

earth_36 画像はこちらからお借りしました。

生命は地球上に誕生してから今日まで、著しい進化を遂げてきました。地球を構成する鉱物もまた、今日までの間に激しく変化してきました。
学問の世界では、「生物学」と「鉱物学」は互いに異なる分野として扱われ、その関わりにはあまり注目されてきませんでしたが、これらは密接に関わり、互いの進化・変化に大きな影響を与えてきました。

実際、地上に存在する約4500種の鉱物の3分の2程度は、大酸化イベント以降に、生物の営みにより生成された酸素を多く含む水と、以前から存在する鉱物の相互作用により、新たに形成されています。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "生物と鉱物は互いの進化・変化を促進してきた"

List    投稿者 seibutusi | 2017-11-07 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
2017-08-15

エピジェネティクス~DNA配列を変えない=適応速度を高める生き残り戦略~

epi_05
写真はこちらからお借りしました。

かつては、遺伝子の配列によって形質は規定されるという考え方が主流でした。しかし、「DNA配列の変化によらず後天的な修飾により遺伝子発現が制御・維持される(=エピジェネティクス)」という考え方で捉えることで整合する事実が確認されるようになりました。これは、生物の適応戦略において極めて重要な仕組みです。

エピジェネティクスについては、当ブログで過去にも紹介していますが、今回は生物にとって重要な外圧適応という観点から考えてみたいと思います。
【参考】
◇エピジェネティクスって、何?
◇エピジェネティクス~世代を超えて情報を伝える仕組み

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "エピジェネティクス~DNA配列を変えない=適応速度を高める生き残り戦略~"

List    投稿者 seibutusi | 2017-08-15 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
1 / 13812345...102030...最後 »