2022-03-18

オランウータンの知能進化④~オラウータンの【未知収束】とは?~

テナガザルのなかでもオランウータンとその他のサルには大きな違いがあります。
その違いは対象の捉え方です。

①オランウータンは、池にはまり込んだ人間を助けるという現象。

野生のオランウータン、川に入った男性に手を差し出し、救い出そうとする仕草(ボルネオ島)
カラパイア』よりお借りしました

②オランウータンは人間の読む雑誌を見るのが好きなようで、特に四角形が多用された申込ページや自然にない色が使われているページがお気に入りで時間をかけて凝視しているという報告。

これらは何を示しているのでしょうか?

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの知能進化④~オラウータンの【未知収束】とは?~"

2022-03-15

オランウータンの知能進化③~原猿の手探り回路と樹上適応~

前回までは、哺乳類以降の知能進化の歴史を見ていきました。
今回は、原猿の知能進化の歴史に焦点を当てていきます。

【原猿に分類されている生き物たち】
アイアイ                                                                 メガネザル

(画像はこちらからお借りしました。) (画像はこちらからお借りしました。)

以前ブログでも紹介した、原猿の手探り回路。(以下ブログより引用)

過密化した樹上で、終わりのない同類闘争を強いられた原猿は、周囲のサルとの状況の同一視(互いに戦意がないこと)によって、安堵感を得ることができました。
しかし、この感覚は、恒常的な類闘争が生み出す、苦痛と厭戦感と同様、本能に存在しない感覚であり、自身も捉えようがない初めての感覚。

原猿は、この置かれた状況の同一視によって得られた安堵感を求めて、相手を更に注視(探索)するようになりました。

哺乳類が持つ探索回路は欠乏(捕食、危機逃避等)が明確なものであり、本能回路上のどこかに答え(行動方針)があるもの。答えのある範囲内での探索。

しかし、原猿が迫られたのは、欠乏も未明、もちろん答えも未明という中での未知の探索!

この状況で、内識(自らの不可解な欠乏)と外識(不可解な状況)とを、行きつ戻りつを繰り返す中で形成されたこの探索回路は、哺乳類の探索回路と次元の違う「手探り回路」とでも呼ぶべきものです。

「もしや?と、やはり違う!」「もしや?と、やはりそうだ!」という「仮説」と「追求」を繰り返す中で、手探り回路は徐々に張り巡らされ、次第に自分の欠乏(心底)と相手の欠乏(心底)の像が重なっていったのだと考えられます。(=欠乏の同一視)
(引用以上)

この手探り回路の形成が相手との同一視を生み出し、さらに自身の“充足”にまで繋がっていったと考えられます。
充足を経験した結果、“もっともっと”充足したい!という欠乏も湧き、“充足探索”にも向かっていきました。

この手探り回路は、樹上に追いやられた初期の段階、体性感覚の強化を余儀なくされた段階から蓄積されてきたものだと思われます。

樹上では地上とは違い、“バランス感覚”が必要になります。
 
(画像はこちらからお借りしました。)

バランスを保つためには、
・木のしなり具合、枝のしなり具合、雨や風等の“外圧を掴むこと”。
・体の“重心の感覚”を高めること。
等が求められます。

樹上では外圧状況を掴み、加えて自身の内的感覚を照らし合わせ、“どう体を動かすのか”の探索と即座の判断力と組みかえが求められます。
ヒトも地面の上でバランスを取る時、木の上でバランスを取る時の体の感覚とは全然違いますよね!
(木の上だと、重心の少しの乱れを感じて、それに合わせて体を細かく動かしてバランスを取っている。)
この体性感覚も後天的にしか獲得できないもの!
バランスを取る、体性感覚を鍛えていく段階から“手探りで探索”してきたのです。

この体性感覚での組みかえが、さらなる「知能進化」を促していると考えられます。

今回は以上です。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの知能進化③~原猿の手探り回路と樹上適応~"

List    投稿者 takayama | 2022-03-15 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2022-03-11

オランウータンの知能進化②~哺乳類で形成した【大脳新皮質】の秘密とは?~

改めて知能進化の歴史を再整理中。前回までは、単細胞時代からの皮膚の判断機能→周波数情報の外圧をキャッチ→多くの情報を整理する必要性⇒脳の誕生まで扱いました。

これらは、両生類までの知能進化の歴史。今回は、哺乳類以降の知能進化の歴史をまとめていきます。

 

■1.哺乳類になって、【大脳新皮質】が登場。どんな機能に特化している?

 

哺乳類になると、両生類までの脳に加えて、【大脳新皮質】を新たに形成しました。

大脳新皮質ができる前までの脳の探索機能は、ある意味「パターン回路」。多くの周波数情報をパターン化して行動に移すという機能止まりでしたが、この大脳新皮質の特徴は、外圧情報をもとに「どうする?という探索」に特化した器官です。

 

この「どうする?の探索」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの知能進化②~哺乳類で形成した【大脳新皮質】の秘密とは?~"

2022-03-07

オランウータンの知能進化① ~哺乳類時代の「皮膚感覚の進化」と「脳の進化」~

これまでのブログでは「オランウータンが人類の起源に最も近い」という仮説から、オランウータンの「生殖と性(=人類との類似点)」について追求してきました。

それに引き続き、オランウータンについてより深く追求するために、本日から「オランウータンの知能進化」について追求していきます。

知能進化については、これまでも「哺乳類の知能進化①~⑦+番外編」で扱ってきましたが、

改めて、哺乳類以降のサル(オランウータン)までを貫通させた知能進化として追求し「知能進化の神髄」に迫りつつ、オランウータンについて追求していきます。

 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの知能進化① ~哺乳類時代の「皮膚感覚の進化」と「脳の進化」~"

List    投稿者 t-kenta | 2022-03-07 | Posted in 2)知られざる原始哺乳類, ①進化・適応の原理, ④脳と適応No Comments » 
2022-03-03

【番外編】「エネルギーは栄養物からしか得られない」のは本当?

オランウータンは“飢餓”という危機を「授乳期間の延長」「性収束(密着充足)」で克服した種。

しかし、飢餓状態=栄養不足の危機の中で、どのようにエネルギーと栄養を生み出したのか?という疑問点が残ります。

今回はエネルギーについて迫っていきます。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "【番外編】「エネルギーは栄養物からしか得られない」のは本当?"

List    投稿者 takayama | 2022-03-03 | Posted in 4)サルから人類へ…, ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2022-03-01

【番外編】オミクロンは重症化しない?③ブレインフォグ(脳の霧)

オミクロンは重症化しない?②」に引き続き、今回は「オミクロン株」の感染者の症状のある特徴「ブレインフォッグ(脳の霧)」について扱います。

英国の感染状況を分析している「ゾエCOVIDシンプトム・スタディー」が1月6日に公表したデータによると、オミクロン株の主な症状は(1)鼻水(73%)、(2)頭痛(68%)、(3)倦怠感(けんたいかん、64%)、(4)くしゃみ(60%)、(5)のどの痛み(60%)となっている。上位五つの症状よりも低いものの、見逃せないのが、24%の人が訴えている「ブレインフォグ」です。

ブレインフォグの症例報告はデルタ以降にあったようです。時期は定かではありませんが、オミクロンになってその症例は顕著になっているようです。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "【番外編】オミクロンは重症化しない?③ブレインフォグ(脳の霧)"

List    投稿者 m-yoriya | 2022-03-01 | Posted in ⑥病気の起源、正体, ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2022-02-24

オランウータンの生殖・性3 ~ オランウータンは、際立って性収束が強いのは何故?~

前回の投稿に続き、オランウータンの性について扱います。

今回のテーマは「オランウータンが際立って性収束が強いのはなぜ?」です。

チンパンジーの交尾は15秒程度なのに対して、オランウータンはなんと対面で40分も交尾を行います。

チンパンジーやゴリラは排卵時にしか交尾いない=「繁殖のための性」であるのに対して、オランウータンは排卵に関係なく、交尾をする。つまり「繁殖を超えた性」に発達したのです。なぜここまで性収束が強くなったのか?追求していきます。

 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの生殖・性3 ~ オランウータンは、際立って性収束が強いのは何故?~"

List    投稿者 t-kenta | 2022-02-24 | Posted in 4)サルから人類へ…, ①進化・適応の原理No Comments » 
2022-02-22

オランウータンの生殖・性2 ~テナガザル系が”年中発情”する深い理由とは?~

前回のエントリーに引き続き、今回もオランウータンの性について扱いたいと思います。

今回はとりわけテナガザル系の類人猿全般にみられる、”年中発情”という生殖様式。

この秘密を探りたいと思います。

 

 

■1.”年中発情”とは何を意味するのか?

哺乳類にとって、【排卵】とは繁殖可能な(交尾して妊娠可能な)期間を示していますが、哺乳類は【交尾排卵方式】。つまり交尾による刺激で排卵するという方式をとっており、ほぼ100%妊娠します。

大半の食虫類、食肉類とげっ歯類の一部(フェレット、ウサギ、リス、イエネコ、ラクダ等)は、オスの交尾により排卵が誘発される方式をとっており、これが、より原始的な生殖形態と考えられます。(おそらく原猿初期も交尾排卵方式)

その後、霊長類(草食動物も)は【自然排卵方式】、つまり交尾がなくても定期的に排卵する方式に転換しました。
これは、雨季や春の始まりなど【餌が豊富になる時期に出産できる】よう、春や雨季の始まりから逆算して妊娠期間を引いた時期に排卵=交尾期が設定されるという適応戦略の為です。

しかし、サル達が適応した熱帯では、乾季や雨季等が無く、季節性がなくなります。
その結果、それぞれのメスが異なる時期に一定期間発情するようになります。

つまり、【年中発情】とは、「季節を問わず排卵ができる」ということ。

ちなみに妊娠するまで1か月ごとに排卵が続き、排卵の前後にメスは尻を赤くし、フェロモンでオスを惹きつける様式をとります。

では、”年中発情”すると一体何が変わるのでしょうか?

 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの生殖・性2 ~テナガザル系が”年中発情”する深い理由とは?~"

List    投稿者 tuti-nor | 2022-02-22 | Posted in 4)サルから人類へ…, ①進化・適応の原理No Comments » 
2022-02-18

オランウータンの生殖・性1 ~オランウータンが授乳期間や子育て期間を延ばしたのは何で?~

これまでの記事で、人類の祖先は”オランウータン”であることがほぼ明らかになりました。

サル社会の構造20 ~テナガザルの特徴 オランウータン編②~
オランウータン・ゴリラ・チンパンジーの生態の違いはどうして生まれるのか?
人類の祖先はゴリラ?オランウータン?チンパンジー?
チンパンジーと人類DNA99%一致説を検証する

今回からは、そのオランウータンを中心とした、類人猿の【生殖や性】について追求していきたいと思います。

大前提として、【生殖や闘争】は一番大事で抑えておくべき課題。しかし、大事であるにも拘わらず、生殖過程についてはわからないこと、未解明の課題ばかりなのが、現在の生物学であり、人類学です。

したがって、固定観念に縛られずに追求していくことが重要になります。それでは追求していきましょう。

 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "オランウータンの生殖・性1 ~オランウータンが授乳期間や子育て期間を延ばしたのは何で?~"

List    投稿者 tuti-nor | 2022-02-18 | Posted in 4)サルから人類へ…, ①進化・適応の原理No Comments » 
2022-02-15

チンパンジーと人類DNA99%一致説を検証する

前回の投稿では、身体の類似点から人類の祖先はオランウータン説が有力と述べた。

しかし現状の人類学では、チンパンジーと人類のDNAが99%類似していることを根拠として、チンパンジー=人類の祖先説(人類とチンパンジーの共通祖先から人類は分岐した)という説が主流となっている。

果たして、それはチンパンジーが人類の祖先であるという根拠になるのだろうか?

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "チンパンジーと人類DNA99%一致説を検証する"

List    投稿者 oku-ken | 2022-02-15 | Posted in 4)サルから人類へ…, ⑧科学ニュースよりNo Comments »