2014-01-14

君もシャーマンになれるシリーズ29 ~人類の観念(創造性)は「ドーパミン」によって造られた~

%E6%95%B0%E5%BC%8F%EF%BC%91.jpg
 
前回(こちら)は、脳回路の基本構造である「ニューロンの興奮と抑制」についてみてきました。脳回路は、シナプスの可塑性(可変性)によって造られており、「学習」や「経験」によって強化・再編されます。
 
前回みてきた脳回路の基本構造は、人類特有のものではなく、神経細胞ができた初期段階ですでに備わっていた基本構造だと考えられます。もちろん、進化の過程でシナプスの結合形式が多様化したことや人類が大脳を発達させたことによる脳機能の多様化などは考えられますが、それだけでは他の哺乳類と観念を獲得した人類の脳の違いは説明できません。他の哺乳類の脳も「学習機能」を有しており、学習によって危機を回避したり、経験による判断は行っているからです。
 
シナプスの連係に着目した場合には、「学習」と「観念」に明確な違いはなく、どちらも「記憶」と同じ「刺激に対する回路の定着」と「定着した記憶による反応」だといえます。
他の哺乳類では発現しなかった「観念」を人類が獲得した理由は別にあるはずで、今回はそこに焦点を当ててみます。
 
「観念」は一般に、「物事に対して持つ考え」、「意識の対象についてもつ主観的な像。表象」、「真理や仏・浄土などに心を集中して観察し、思念すること」を意味しており、簡潔に表現すると『ある対象に対して思いをめぐらすこと』だと考えられます。それができるのが人類であり、人間の脳だということです。おそらく、出発点は、「?」(=これはなんだ?)という想いであり、さらに「どうする?」を考えるということなのでしょう。
 
このような「想い(観念)」を持たない脳は刺激に対する反応のみで完結しているのでしょうから、「想い(観念)」が脳内で成立するには、脳回路を自発的に導引する何かが必要になるはずです。脳が自発的に活動する現象の一つが「幻覚」であり、「幻覚」と「観念」の共通点がここにあると考えます。
 

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "君もシャーマンになれるシリーズ29 ~人類の観念(創造性)は「ドーパミン」によって造られた~"

List    投稿者 cosmos | 2014-01-14 | Posted in 4)サルから人類へ…, ④脳と適応, ⑬宇宙人・スピリチャルNo Comments » 
2014-01-07

午年の午(うま)って何?馬を制するものが文明を制した

みなさん、明けましておめでとうございます
今年の正月はいかがお過ごしでしいたでしょうか?

 
  
本年度も今まで以上に気づきの多い記事を書いていきたいと思いますので、当ブログよろしくお願いします

   
   
さて、今年は午(うま)年。
毎年恒例?の干支にちなんだ記事を書きたいと思います。
まずは最初に、そもそも「午(うま)」ってなに?から押さえていきます
%E5%8D%88%E5%B9%B4.bmp

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "午年の午(うま)って何?馬を制するものが文明を制した"

List    投稿者 andy | 2014-01-07 | Posted in ⑨おもしろい生き物No Comments » 
2014-01-05

2013年 5大科学ニュース

お正月ムードも終わりが近づいてきましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
今回は昨年一年を振り返り、「2013年、科学研究の5大ニュース」をご紹介します

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "2013年 5大科学ニュース"

List    投稿者 kanae | 2014-01-05 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2014-01-03

シリーズ 免疫とアレルギー5~基礎知識(4)杯細胞ってなに?~

明けましておめでとうございます。
初詣や初日の出、同窓会などお正月はイベントが盛沢山だと思いますが、皆さんはどのように過ごしていますか?

さて、お正月と言えば「おせち料理」ですよね。

%E3%81%8A%E3%81%9B%E3%81%A1.png
こちらより

「おせち」を漢字で書くと「御節」と書き、本来、暦上の節句(節供)のことを指しています。ですから1月1日だけじゃなく、3月3日や5月5日などの節句に作られる料理をおせち料理と呼んだそうです
現在では節句の一番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われているそうで、家内安全、無病息災を願う料理なのです。

例えば、海老は腰が曲がっても丈夫という長寿の意味があり、鯛はメデタイというお祝い料理の定番ですね。

ただ、このような語呂合わせのような意味ばかりではなく、先人たちの知恵が込められたもので、黒豆などには健康を保つ大切な栄養素が豊富に含まれています。
黒豆に含まれているアントシアニンというポリフェノールは、強い抗酸化作用をもっていて、これがガンや成人病の予防にとても効果を発揮してくれます。また、サポニンという成分には、免疫細胞の活動をより円滑にし免疫力を高める働きがあります。

さて、今回のはお正月にちなんで「杯細胞」について見てみたいと思います。

応援 よろしくお願いします

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "シリーズ 免疫とアレルギー5~基礎知識(4)杯細胞ってなに?~"

List    投稿者 yoriya | 2014-01-03 | Posted in ⑤免疫機能の不思議No Comments » 
2014-01-01

2014年 当ブログの追求テーマ

みなさま、あけましておめでとうございます
本年も、当ブログをよろしくお願い申し上げます。
Sunrise_Earth_from_space.jpg
当ブログでは、昨年から、扱うテーマを拡げています。「テレパシーと素粒子」「免疫とアレルギー」「癌」「植物と光合成」「シャーマンと脳」「電磁波と宇宙」などのテーマを扱っています。
素粒子宇宙を追求する意義は、生物以前の世界の原理を発掘し、生命原理の背後にある世界を解明することにあります。また、さまざまな現象も素粒子レベルで見ると、その背後には宇宙的な広がりを持つ世界があり、全く違った原理が見出せる可能性もあります。
 
素粒子と生命を直接つなぐかもしれないのが、テレパシーの世界です。脳の記憶はどのように仕舞われているのか、太古の記憶は残っていないのか。テレパシーがあるのならそれは光速を超えるのか…興味は尽きません。
    
アレルギーは、現代人にとって今や誰にも関わる身近な問題ですが、未だ分かっていないことが多い領域です。そこでの追求のスタンスは、根本原因の解明を重視しています。根絶(か共生?)への道のりを探りたいと考えています。治すことも切実ですが、最先端のがん治療は未だ疑問が多く、医療費を拡大させているだけにも映ります。対症療法では、新たな病気のタネを増やしていくだけのようにも感じます。
植物は、このブログでもあまり追求していない対象です。調べてみると動物よりも優れている面が多々あります。病原菌に対して身体の一部を死滅させたり抗菌タンパクを放出するなど、動物にはない優れた適応戦略を持っています。また、優れた機能の代表が光合成です。その超効率的で、環境にやさしい仕組みを真似することはできないのでしょうか。
そして宇宙。宇宙を成り立たせている原理は何なのか。宇宙と生命はどのようにつながっているのか。生命は宇宙の視点から見るとどのような存在なのか。宇宙も謎が尽きない領域です。
当ブログではいずれ上記のテーマを統合し、森羅万象の原理を導いていきたいと考えています。
どの追求も、過去の追求においても、世界観や生命感の基礎としている認識があります。それは実現論です。その極一部ですが、生命原理の根幹部分についての内容を紹介したいと思います。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "2014年 当ブログの追求テーマ"

List    投稿者 staff | 2014-01-01 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
2013-12-31

生命とは動的平衡にある流れである1 動的平衡とは何か?

生命とは動的平衡にある流れである。
今日はこのことを最初に示したルドルフ・シェーンハイマーの実験を通して「動的平衡とは何か?」を紹介します。福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』(2007年)より。
******************************************
生命とは何か?」それは自己複製を行うシステムである。20世紀の生命科学が到達したひとつの答えがこれだった。
%EF%BC%A4%EF%BC%AE%EF%BC%A1%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF.jpg1953年、科学専門誌『ネイチャー』にわずか千語の論文が掲載された。そこには、DNAが、互いに逆方向に結びついた二本のリボンからなっているとのモデルが提出されていた。(写真はDNAモデルの前に立つワトソンとクリック。こちらよりお借りました。)
以後、DNAの構造が次々と解明されていき、分子生物学時代の幕が切って落とされた。
1980年代に入ると、DNA自体をいわば極小の外科手術によって切り貼りして情報を書き換える方法「遺伝子操作技術」が誕生し、分子生物学の黄金期が到来した。
分子生物学的な生命観に立つと、生命体とはミクロなパーツからなる精巧なプラモデル、すなわち分子機械に過ぎないといえる。デカルトが考えた機械的生命感の究極的な姿である。
しかし、生命のあり方には、パーツが張り合わされて作られるプラモデルのようなアナロジーでは説明不可能な重要な特性、何か別のダイナミズムが存在している。私たちが生物と無生物とを識別できるのは、そのダイナミズムを感得しているからではないだろうか。では、その“動的なもの”とは一体なんだろうか。
応援、よろしくー

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "生命とは動的平衡にある流れである1 動的平衡とは何か?"

List    投稿者 okamoto | 2013-12-31 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 
2013-12-30

「右脳・左脳」 機能分化の真実を探る その1

みなさん、こんにちは 😀
2013年もいよいよあと一日ですね。
様々な出来事があった2013年。2014年はどのような年になるのでしょうか。
私としては、今後の未来の行く末を左右する、大きな激動の年となるのではないか・・・と感じています
本ブログでも本年は様々なテーマの追求に取り組み、私自身は「君もシャーマンになれる」シリーズの追求に取り組んできました。
「君もシャーマンになれる」シリーズでは、シャーマンとは何か?から追求を始め、ここ数回は脳回路の分析から、“シャーマン脳”と“幻覚回路”の追求を行っています。
追求の中で見えてきたのは、脳回路の奥深さとそこに秘められた可能性です。
「君もシャーマンになれる」シリーズは協働執筆者の方で今後もシリーズを継続する予定ですが、私の方は“シャーマン脳“の追求から派生して、別の視点から更に深い脳構造の分析をシリーズとして行っていきたいと考えています。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "「右脳・左脳」 機能分化の真実を探る その1"

List    投稿者 crz2316 | 2013-12-30 | Posted in ④脳と適応No Comments » 
2013-12-28

シリーズ「ひらめき」その1 ひらめきのプロセス

ひらめき
すばらしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶこと。直感的な鋭さ。「天才的な―のある作品」
コトバンクより

今回から、シリーズ「ひらめきをスタートします!
第一回目は、「ひらめきのプロセス」と題し、人はどのようなプロセスを経て “ひらめく” のか探っていきたいと思います。

100804idea_shaping-thumb-480x360.jpg

<画像はこちらからお借りしました>

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "シリーズ「ひらめき」その1 ひらめきのプロセス"

List    投稿者 fujita | 2013-12-28 | Posted in ④脳と適応No Comments » 
2013-12-27

シリーズ 素粒子とテレパシー2~動物たちのテレパシー~


%E5%8B%95%E7%89%A9%E9%96%93%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC.jpg

こんにちわ。素粒子とテレパシー第2段です。
第1回では、テレパシーは超常現象ではなく、誰もが潜在的に有している能力である可能性が高いhttp://www.seibutsushi.net/blog/2013/11/001440.htmlという事を明らかにしました。
今回は、もう一段掘り下げる為に動物たちのテレパシー現象に迫って見ます。
応援よろしくお願いします。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "シリーズ 素粒子とテレパシー2~動物たちのテレパシー~"

List    投稿者 arinco | 2013-12-27 | Posted in ⑬相対性理論・量子力学・素粒子No Comments » 
2013-12-21

シリーズ「がんの正体に迫る」その6 ガン細胞とは何なのか?

みなさん、こんにちは
これまで前2回にわたり、ガンの原因諸説を扱ってきました。
今回は、立花隆さんの著書『がん 生と死の謎に挑む』をもとに、「ガン細胞って何 を明らかにしたいと思います。
%E3%81%8C%E3%82%93%E3%80%80%E7%94%9F%E3%81%A8%E6%AD%BB%E3%81%AE%E8%AC%8E%E3%81%AB%E6%8C%91%E3%82%80.jpg

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "シリーズ「がんの正体に迫る」その6 ガン細胞とは何なのか?"

List    投稿者 kanae | 2013-12-21 | Posted in ⑥病気の起源、正体No Comments »