2007-02-11

「清潔信仰」が自己免疫疾患を呼ぶ②

ちょっとあいてしまいましたが、「清潔信仰」が自己免疫疾患を呼ぶ①のつづきです^^

藤田氏は、日本に帰った’72年から研究に没頭。その年、回虫とアレルギーの関係について初発表した。そして’77年には、回虫のアレルギー抑制物質を解明した。

実は、回虫の排せつ物中の『分子量2万の物質(ESC)』が人体においてIgE抗体をつくる機能を活性化させているのだそうだ。

その物質だけ取り出して使えないか、という研究をされてはいるようだが、やはり回虫との共生の微妙なバランスでないとうまく機能しないようだ。
igekoutai.bmp
画像はここから⇒healthクリック
藤田氏は、アレルギー疾患は、「日本人のとめどもない清潔志向に原因がある」と言っている。清潔になったらアレルギーが増える?それはいったいどういうことなんだろう?

っとその前に、応援してくれる方、ぜひ押してね!
      ↓

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "「清潔信仰」が自己免疫疾患を呼ぶ②"

List    投稿者 nanbanandeya | 2007-02-11 | Posted in ⑤免疫機能の不思議1 Comment » 
2007-02-11

番外編 アクア説って⇒産声って⇒産湯って

>出産の時に、産湯につけると「オギャー」と第一声を発して、呼吸を始める。http://www.biological-j.net/blog/2007/01/000148.htmlという記述に、産湯と産声ってどういう関係なの?ということで、調べてみました。
http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/yoshu_osan/6/04.htmlを見ている限りでは、産声は、産湯につける前(誕生と同時)からあがっているみたいです。
赤ちゃんは、「オギャー」と産声をあげて初めて肺が膨らんで呼吸します。
それまではへその緒から酸素をもらいます。それを可能にしているのは、お母さんと胎児をつなぐ胎盤なんです 胎盤にはお母さんの血が満たされた状態になっていて、そこに胎児の血管をつつんだ絨毯の毛のような細かな絨毛が漂っていて、そこで酸素や栄養の交換をしているのです。母親の血と胎児の血は混じり合うことはありません。
%E8%83%8E%E7%9B%A4.gif
↑画像は「プレママタウン」さんからお借りしました。
だからお母さんのおなかのなかでは胎児は息をしていない(息をとめている)生まれ出て初めて呼吸をはじめるのです。アクア説の根拠の一つになっている赤ちゃんが水を怖がらないのは、お母さんのおなかの中では羊水に浮いていて同じような環境だったから安心感があるのだろうし、もともとおなかの中では息を止めていたのだから本能的に息を止めることを知っているのは当たり前のような・・・。
あかちゃんだってすこし大きくなってコドモになったら水こわがりますし・・・どうもアクア説の根拠はいまいち説得力がないなと思いました。
ところで、産湯についてしらべてみるとそもそも産湯の習慣がない国などもあるようです。
続きを読むまえにクリック お願いします
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "番外編 アクア説って⇒産声って⇒産湯って"

List    投稿者 bunchan | 2007-02-11 | Posted in 未分類 | 2 Comments » 
2007-02-09

原人の拡散と絶滅

人類は、180~200万年前にアフリカを出て、拡散の旅に出た。それは、生きるか死ぬか分からない決死行であったが、人類は共認機能を武器にして奇跡的に延びてきた。
しかし、東アジア(スンダランド、中国)に拡散した原人は、25~30万年前に絶滅した。
現在にいたるホモ・サピエンスは、原人から繋がるものではなかった。
続きはポチッ
ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログへ

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "原人の拡散と絶滅"

List    投稿者 fkmild | 2007-02-09 | Posted in 4)サルから人類へ…No Comments » 
2007-02-08

始原人類の『食』

足の指が先祖返りしたカタワのサル=始原人類が過酷極まる生存圧力のもとに置かれていたことは、彼らの食生活からも伺えます。
人類の祖先は、何を食べて生き延びてきたのでしょうか?

気になる続きはポチっと押してからどうぞ
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "始原人類の『食』"

List    投稿者 iwaiy | 2007-02-08 | Posted in 4)サルから人類へ…1 Comment » 
2007-02-07

人類の脳容量進化の謎

カタワの猿から人へと歩み始めた人類は、前回までのレポートにあるように、逆境、逆境、逆境の連続を乗り越えてなんとか生き延びてきたというのが実態です。
一方で、人類が逆境を乗り越えながら進化していく過程で、脳の大きさに変化が現れている点は注目に値します。
人類と共通の先祖を持つチンパンジーの脳容量・・・約350~400cc
350万年前のアウストラロピテクス(猿人)・・・・・約375cc
190万年前のホモハビリス(原人)・・・・・・・・・約750cc(旧石器を使う)
150万年前のホモエレクトゥス・・・・・・・・・・約950cc(旧石器を使い、史上初めて火を用い簡単な言葉もしゃべれたらしい)
25万年前のホモサピエンス~現代人・・・・・・・・・・・・約1500cc

%E4%BA%BA%E9%A1%9E.bmp
出典:別冊日経サイエンス151「人間性の進化」
そこで今回は、人類の進化の歩みと『脳の大きさ』との因果関係についてレポートしてみます。 😛
その前に、ポチっとお願い!!↓
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "人類の脳容量進化の謎"

List    投稿者 marlboro | 2007-02-07 | Posted in 4)サルから人類へ…2 Comments » 
2007-02-06

知能進化を遂げた原人

次は原人段階です。
原人とは約200万年前~25万年前(一部4万年前まで)に存在したホモ属の初期人類(ホモ・ルドルフェンシス→ホモ・ハビリス→ホモ・エルガステル→ホモ・エレクトス)のことをいいます。
なじみの深いところでは「北京原人」や「ジャワ原人」は代表的な原人「ホモ・エレクトス」の一種ですね。
それでは「猿人」との違いは何なのでしょうか?
続きを読む前にポチっ!
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%8A.jpg
写真は国立科学博物館に展示されている原人(俗名トゥルカナ・ボーイ)の復元模型

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "知能進化を遂げた原人"

List    投稿者 shimicho | 2007-02-06 | Posted in 4)サルから人類へ…1 Comment » 
2007-02-05

脳進化をして生き延びた猿人

樹上で生活しながら共感→共認機能を発達させ地上最強の動物となったサル。ところが足の指が先祖返りで木をつかめなくなったカタワのサルは一気に地上最弱な動物になってしまうのです。
恒常的な餓え(食べるものがない)と怯え(いつ襲われるかわからない)の中で生き延びていた彼らはどのように進化していったのでしょう?
今日は約700万年前に登場した猿人がどのように生き延びてきたのか考えてみます。
a.jpg出典:NHK出版「NHKスペシャル 地球大進化6」、別冊日経サイエンス151「人間性の進化」
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "脳進化をして生き延びた猿人"

List    投稿者 saihiro | 2007-02-05 | Posted in 4)サルから人類へ…No Comments » 
2007-02-04

世界最古の人類化石(トゥーマイ)が意味するもの

世界最古の人類化石が2001年アフリカ中部のチャド共和国ジュラブ砂漠で発見された。700万年前と見られるその化石は愛称をトゥーマイと名づけらた。希望を意味し、現地で乾季の直前に生まれた子供に付けられる名前という。この化石は人類の歴史を200万年さかのぼらせ、人類発祥の地を東アフリカから中央アフリカに変更し、さらに、二足歩行の起源の仮説にも大きな影響を与えた。
%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E5%BE%A9%E5%85%83.jpg
(愛地球博プレスリリースより)
読む前に、ポチッとお願いします
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "世界最古の人類化石(トゥーマイ)が意味するもの"

List    投稿者 nodayuji | 2007-02-04 | Posted in 4)サルから人類へ…No Comments » 
2007-02-03

チンパンジーは人類に進化するのか?

人類とチンパンジーのDNA構成の違いはたったの1~2%だそうです。
98~99%が同じDNA構成なら、チンパンジーが人類に進化する日はそう遠くないのか?などと思ってしまいます。幼児並の知能を持つチンパンジーが居ることを考えると、更に知能を高めるトレーニングを行えば小学生並みの知能、中学生並みの知能、高校生並みの知能と、どんどん進化させ人間に限りなく近い知能を持つチンパンジーがいずれ現れるのかな?と思ってしまいます。
生物の進化には2種類の進化があり、外的要因の進化(環境に適応する為の進化)と突然変異による変化(先祖返りなど、逆境状態からの進化)があるとされています。猿から人間への進化は、これまでに述べられたように、木に登れなくなった猿が過酷な逆境を乗り越えて生き残ったことをきっかけに人類へと進化を話したのであり、数百万年にわたる後者の進化過程の繰り返しによってなされた結果です。
トレーニングは外的要因の変化程度の進化過程でしかない為、チンパンジーを幾らトレーニングしても残念ながら人類へ進化させることは難しいようです。
一方で、「人類は進化するのか?」
そんな疑問が湧いてきます。
SF小説的な発想ですが、人類が宇宙へと進出したら新たな進化が始まるのでは?スペースチャイルドが進化した人類を生み出すのではと考えてしまいます。これまではSFの世界・空想の世界のことだった話が現在では現実の話になってきています。さすがにいきなり人間とはいかないので、まずはメダカで実験が行われているようです。

詳しくはこちら
http://www.justsap-me.org/stars/research/experiment.html

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "チンパンジーは人類に進化するのか?"

List    投稿者 n1ce | 2007-02-03 | Posted in ①進化・適応の原理No Comments » 
2007-02-02

ヒト=カタワのサル~サルからヒトへは退化であり進化である

こんばんは。先週から「祖先の物語シリーズ」は「サルから人類へ」の秘密に迫るべくこのブログの運営メンバーで分担して、これまで掲示板「るいネット」で議論してきたことをまとめ、発展させてお送りしています。
そして、いろんな方からコメントも頂きました。なかでも
>いつも興味深く読ませていただいております。
直立歩行、謎ですよね。渚原人とか際物学説もありますが。
突然変異ありきで、確かに、おもしろい学説です。しかし、少数の突然変異の個体が生まれた場合、生存の危機になるような形質が受け継がれるような集団が形成可能でしょうか?弱者こそ生き残るという話もありますが。ご教示ください。

とのコメントをnemo さんから頂きました。
渚原人はアクア説のことだと思いますが、アクア説については31日のエントリーでtoya さんが紹介してくれています。
で、あの栗本慎一郎もアクア説を近著「パンツを脱いだサル」で協力にプッシュしています。栗本氏といえば「双極的世界観」や「市場社会以前の経済構造」について、有意義な理論を展開しており、最近は「小泉の同級生」として激しい小泉批判を展開するなど、理論家として、また政治評論家としても今改めて注目の存在かと思います。(やや論理の飛躍があるところには注意が必要ですが・・・。)
そこで、今日は栗本氏の「パンツを脱いだサル」を引用しつつ、人類進化のナゾに迫ってみたいと思います。

  にほんブログ村 科学ブログへ

続きを読む "ヒト=カタワのサル~サルからヒトへは退化であり進化である"

List    投稿者 yama3 | 2007-02-02 | Posted in 4)サルから人類へ…No Comments »