2011-06-04

福島原発事故~海外メディアはどう見ている?【5】

~主要国の原発事故後の原子力政策~
      
%E4%B8%BB%E8%A6%81%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80.jpg
図は、九州電力よりお借りしました。
現在、原子力発電所は、世界の31カ国で保有しており、今後も多く地域で建設が計画されています。
保有している国は、日本や欧米など、の先進国です。その中でも偏りがあり、日本はかなり多くの原発を保有していることがわかります。
これに対して、その他の途上国はほとんど普及していないというのが現状です。
今回の原発事故を契機に、その危険性が露わになったことから、多くの国で原発政策の見直しが進められています。
以下に、主要国の事故後の原発政策について、紹介します。
興味を持たれた方は応援もお願いします。
ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログへ

(さらに…)

  投稿者 kumasuke | 2011-06-04 | Posted in ⑪福島原発問題1 Comment » 

今週の福島原発(5/25~5/31)・・・爆発の可能性は?/汚染水はどうなる?/IAEAって?

今週は、G8サミットで菅の自然エネルギー公約(→ただの思いつき)、海水注入中断をめぐるドタバタ(→責任の押し付け合い)など、政治的な動きというか、政治的なガタガタが際だちましたが、その間も福島原発事故は現在進行中です。
hukiiti002.jpg
※ふくいちライブカメラ
iaea002.jpg
※3号機付近、IAEA視察 5/27東電発表資料

<今週の福島原発の動き>
5/25 IAEA調査団、本格的な調査開始、事故対応検証が目的 
     3号機 重要な配管損傷の可能性
     1・2号機 格納容器に穴か、1号機原子炉建屋 許容濃度の18倍   
5/26 “海水の注入 継続していた”
     汚染水減らず 追加の移送検討、汚染水 移送先の施設内で漏出   
     1号機の窒素注入 また止まる
5/27 IAEA 福島第一原発を視察 
     1号機 作業員入り汚染水調査
     移送先で汚染水漏出 監視強化
5/28 1号機、汚染水の水位計設置、プール冷却工事開始 
     汚染水“雨で流出のおそれ”
     汚染水処理費用 531億円(?)に
5/29 5号機の冷却ポンプが故障し温度上昇、予備ポンプへ交換 
     大雨・暴風で冷却作業に影響ないよう対策
     燃料プール 安定的冷却へ前進
     宮城・茨城沖 海底に放射性セシウム
5/30 東京電力、雨のため屋外で行う予定の一部作業を中止 
     1号機建屋の地下水も高濃度
     2号機取水口付近 530倍、2号機 濃度高く水蒸気も充満
     原子炉冷却 風雨に備えて対策
5/31 汚染水の水位上昇 対応を検討
     5・6号機取水口付近 油漏れ
     海水汚染抑制 浄化装置設置へ
     2号機プール冷却装置稼働へ

状況認識としては、、、
核燃料冷却は継続されており、核燃料プールに関しては一定順調に進捗しているが、1~3号機の原子炉に関してはメルトダウン、圧力容器・格納容器とも損傷して(穴があいて)燃料が漏出していることから、冷却方法の目処が立っていないと想像されます。
京大小出氏などは、1号機は燃料が格納容器も(建屋も)溶かして地下にめり込んでいっていると推測し、東電の示す「循環注水冷却」は容器が壊れている以上不可能、石棺方式に言及しはじめているようです。
また、先週の報告でも触れましたが、増え続ける「汚染水」の問題、地下水汚染や海への流出が大きな問題となっています。

今日はこれらのトピックから気になる点を調査してご紹介します。
1.爆発の可能性はあるのか?
2.これからの季節、雨が増えるとどうなるのか?
3.汚染された地下水はどうなるのか?
4.IAEA調査団の来日の目的は?


気になる続きはポチっと押してからどうぞ
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

(さらに…)

  投稿者 iwaiy | 2011-06-02 | Posted in ⑪福島原発問題1 Comment » 

「放射性物質の拡散予測」シリーズ4 ~海に流出した放射性物質はどこへ向かうのか?


前回の記事では、大気中の放射線量の拡散予測を行いました。
今回は、海への拡散に焦点を当てます:-)

(さらに…)

  投稿者 yaga | 2011-06-01 | Posted in ⑪福島原発問題No Comments » 
2 / 212