2020-08-06

細菌の本当の科学:ウイルスが病気を引き起こすのか?

日本中、マスコミ報道により、新型コロナ第二波で異常な社会になっている。

このブログでも、感染病の病原菌(共生関係にあり、決して敵対する物ではない)はウイルス及び細菌であると信じていた。一方、マスコミに出る専門医員の判断根拠が科学的でないとも思っていた。
その様な中で「細菌の本当の科学:ウイルスが病気を引き起こすのか?」のインタビュー記事が有りましたので転載します。
>以下の理由で「医学」には科学的基礎が無い
・ほとんどの研究、公開されてる研究の発見というのが間違いである
・その病気の原因を決してその証拠は示しません(追求なしの全暗記)
>スペイン風邪の嘘≒新型コロナと同じ
・死亡者の多くはワクチンを受けた事が原因
_______________________________

細菌の本当の科学:ウイルスが病気を引き起こすのか?】

「What Really Makes You Ill?: Why Everything You Thought You Knew About Disease Is Wrong」の著者、ドーン・レスターとデビッド・パーカーの、アンドリュー・カウフマンによるインタビューです。
(前略)【「医学」には科学的基礎が無い】
しかし、先にお話しした、私の医療訓練について話しますと、少なくとも米国においては、医師の訓練方法について二つの重要なことがあると思います。その一つとしては、彼らは医学生に言うわけです、第一日目からですよ、医療について彼らが教える50%は、5年のうちに間違いになると。これは、あまりに大胆な発言ですよね。思うに、人々がこれを聞くと、治療法がより良くなっていくと思うかもしれませんが、改善すると、しかし、彼らが言うのはそういう意味じゃありません。ジョン・アヤ二タス(?)の記事や、PLOSONE(?)を見てみると、論じてますよ、いかにほとんどの研究、公開されてる研究の発見というのが間違いであるかを。それが本当の意味だと思います。
しかし、彼らが様々な病気について語る場合、感染病を含み、多くの他もですが、彼らは言うわけです、その病気の原因をです。しかし、決してその証拠は示しません、どう発見したかを。単に言うわけです、基本的にこれが事実だと。
そして、我々の教わる他すべての知識というのは、これらの基本的原理の上に作られてるんです。一度も調査されていない科学的基礎にもとづいてるんです。ですから、ある問題について、こう言うとしますね、「この病気を引き起こした第一の原因がこれだという科学的証拠はあるのか?」と。こういった疑問を持つことは、アプローチとして素晴らしい方法です、なぜなら、もし存在しなければ、知識全体が崩壊するからです。ニセの基礎の上に建てられていますからね。建っていられないのです。
P:そのとおりです。それが我々の発見したことです。見れば見るほどです。そして、我々は自らの仮説をテストしました。見れば見るほど、発見が少ないのです。多くの権威の言うことを支持する証拠がですね。
ですから、多くの病気を見ましたよ、手始めには最大のものです。探したんです、バクテリアやウイルスが原因であることの証拠をです。何も見つかりません。後で詳しくやりますが。もちろん、本には詳細にあります、だから800ページもあるんです。
K:例をあげていただけますか?視聴者の方におなじみの病気をです。感染性のものですね。知れば本当に驚くようなものです。
【スペイン風邪のウソ】
ドーン・レスター(L):一つの可能性としては  比較できるものがあるかわかりませんが、1918年のインフルエンザ、スペイン風邪と呼ばれるものです。皆が言うにはウイルスによって起こったと。最も致死的なものの一つであり、数百万が死んだと。それが不可解な物の一つです、見てみると。ある統計では、1000万人、2000万人、1億という人もいます。
しかし、見始めてみると、わかったんです、この時期の本などを見てみると(?)、彼らはまずバクテリアだと思ったんですね。そして、バクテリアが見つからず、ウイルスだと思いました。あるいはウイルスだと言いました。しかし、皆がインフルエンザだと言うんです。
K:これはCOVID-19に似ていますね、なぜなら、武漢で最初の人々が病気になったとき、最初はバクテリアだと思い、抗生物質の治療をしました。回復しないので、ウイルスに違いないと「飛躍」したんです。これは全く同じパラダイムですね、100年前と。
L:そうです、そしてこれは世界的な現象で、数百万が死んだと。そして、便利にも完全に議論されていない事実の一つとしては、極めて恐ろしい物の終わりの時期だったんです、米国人にとってはですね。4年戦争(第一次大戦)の終了期だったんです。
しかしまた、人々が1918年のインフルエンザについて言うことですが、これを見つけたんです、早期に健康問題が発生していたんです。それが後に出てきたんですね。ですから、ただ一年のことではないんです。しかし、様々な報道を掘り起こしてみると、また、当時のあらゆる文書ですが、複数の病気があったんですよ。様々な異なる人達、世界の別の人達が、別の影響を受けてたんです。
その一つの文書としては、ご存知かどうかわかりませんが、エレナー・マクビーンの「Poison Needle」です。彼女が書いていることは、いくつかの問題についてで、これは米国キャンプの一つだと思いますが、数千の米国兵士が死んだんです、驚くべきことに、ワクチンを受けた後にです。多くのワクチンを受けたからです。
K:では、彼らは、スペイン風邪ワクチンを受けたんですね?
L:いいえ、(?)か何かのです。
K:天然痘とジフテリアですね、思うに。その当時のですね。
L:彼その病気の原因をです。しかし、決してその証拠は示しません。これもまた、湾岸戦争シンドロームに重なりますね。ご存知でしょうか、湾岸戦争でも多くのワクチンが接種されたんです。キャンプの兵士たちが死んだんです、それによってですね。
しかし、これは全員じゃありません。ですから、世界中の別の場所では、インフルだと主張されたんです。実際に何が起こったかを見始めると、インフルという証拠は無いんですよ。病人はいましたよ、でも、多くの別の理由を見つけました。タイトルが思い出せないのですが、長い記事がありました、アスピリンについての。これが実際に人々に深刻な精神的問題を引き起こしました。アスピリンを非常に多く処方したからです。
K:彼らがいつも医大で言うこととしては、アスピリンは喘息を悪化させる、です。ですから、おそらく同じようなメカニズムでしょう。おっしゃることは、スペイン風邪というのは、実際には一つの病気では無いように思えますね。異なる病気の組み合わせのように見えます。そして、実際の証拠が無いんです、インフルエンザウイルスが起こしたという。
【ウイルスを原因とする証明は存在しない】
K:さて、ドーン、おそらくあなたに言っていただけるでしょう、もし、あなたが科学者や健康研究者だとしたら、ある病気の原因がウイルスであることをどうやって証明しますか?
P:私が思うに、いわば我々の単純な考え方としては、最初に申し上げたように、証拠を追えです。ウイルスと特定するような証拠ですね。いかなるウイルスであれ、小さな粒子です。これは、電子顕微鏡が発明されたときに発見されたんです。
視聴者の皆さんが、疑いを持つかもしれませんから言いますが、これは、ナイスで大きな3Dの映画ではありません、メディアで見るようなですね。あれは、単にコンピュータで作られたイメージです。電子顕微鏡で見れるものとは違います。単に白黒で、確実に動いてはいません。
ですから、見たかったんです、誰かが実際に証明しているのかと、彼らが特定した粒子が何であれ、特定の病気の原因であることをです。いかなるウイルスでもですね。この証拠はあるのかと、実際に細胞を侵略し、実際に細胞を破壊することのです。巨大規模でですよ、そして病気が起こるわけですよね。これが科学的に記述されているはずだと。
この情報を探したわけです、基本的論文です、決定的証拠を持つものをです。ウイルスがあり、完全に分類されており、説明されており、完全な証明があると、何の病気であれ、それが原因であると。そういった類の論文は見たことがありません。
そして、キャリー・マリスがHIVについて言及していますが、存在しないと。これらのいかなるケースにおいても。ですから、推測でしかないんです。
こう見えるんです、単にこの基礎としては、見たものを誤解釈しているだけだと。その誤解釈から推測をしているだけだと。そうですね。2+2が5になるんです。ですから、あなたの最近のエクソソームに関する仕事が非常に重要なんです。今や、より多くの情報が得られることは明らかですが、しかし、思うに人々は未だに基本的な間違いを犯してると思います。見たものを誤解釈してるんです。何か別のものであると見てしまうんです。
K:では、こうおっしゃるんですね?何の実験的証拠も論文からは見つけられなかったと、インフルエンザのように人々に病気を起こしているものをですね。そして、病人からウイルスを分離でき、純粋化できたことを示すことです。そして、健康な人にはそれがなかったことを示すことです。
そうすれば、そのウイルス粒子が実際に、身体の組織にダメージを与えることを証明できるわけですが。そうです。こういった証拠がインフルエンザにも他のウイルスにもなかったわけですね?我々が病気の原因だと言われているものです。
(後略)

List    投稿者 seibutusi | 2020-08-06 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2020/08/5883.html/trackback


Comment



Comment


*