2020-05-28

愛情ホルモンが左右するメダカの異性の好み ~オスとメスで逆に働くオキシトシン~

男の脳と女の脳はどのように違うのか?

胎児期に浴びる男性ホルモンのシャワーが、男の左脳の発達を抑制し、右脳の発達を促している(空間認知、図形処理)という。
「男の脳と女の脳の成長過程に見る相違」

男の脳と女の脳には、脳内物質(ホルモン)により構造的な違いが形成されるようです。

一方、脳内物質オキシトシンの作用がメダカのオスとメスで逆に働くという興味深い実験結果があります。
同じ脳内物質でも、動物種や性別によって、異なる(逆の)働きをするものがあるということなのか。解明が期待されます。

東北大学プレスリリース より。

愛情ホルモンが左右するメダカの異性の好み   
 ~オスとメスで逆に働くオキシトシン~

ポイント
・メダカが親密な異性を好む性質は,オキシトシンホルモンによって制御されていることを解明。
・オキシトシン遺伝子を壊すと,メスでは好みが消失し,オスでは親密なメスを好むようになる。
・メダカの基礎研究から親密な異性への好みや性差を生み出す機構の解明に期待。

北海道大学大学院薬学研究院の横井佐織助教,岡山大学大学院自然科学研究科の竹内秀明特任教授/東北大学大学院生命科学研究科教授(併任)及び基礎生物学研究所などの研究グループは,メダカが親密な異性を好むか否かをオキシトシンが制御していることを明らかにしました。

メダカのメスには「そばにいたオス」を目で見て記憶し,そのオスの求愛を積極的に受け入れる傾向がある一方,オスは親密度に関係なくメスに求愛します。本研究では,「愛情ホルモン」として知られるオキシトシンに着目し,メダカでの異性の好みに対する効果を検証しました。オキシトシン遺伝子を壊したメダカを用いて実験をしたところ,メスではオスに対する好みが消失し,見知らぬオスを積極的に受け入れましたが,オスでは三者関係(オス,オス,メス)において,初対面のメスには無関心である一方,親密なメスに対してはライバルオスを追い払ってメスのそばにいる様子が観察されました。

ヒトなどでは,オキシトシンには親密な他者に対する愛着を強める働きがあるとされていますが,メダカのオスでは逆に愛着を下げる方向に働くことが明らかとなりました。このことから,オキシトシンが動物種や性別によって「愛情ホルモン」以外の働きを持つ と考えられます。

行動異常を示したメダカの脳ではいくつかの遺伝子の発現量に顕著な変化があり,その遺伝子は ヒトにも存在したことから,メダカの基礎研究からオキシトシンが親密な他者に対する愛着を制御する仕組みや性差を生み出す仕組みが明らかになることが期待されます。

 

item20200207_01_medaka

  オキシトシンが左右するメダカの異性の好み

(以上)

List    投稿者 seibutusi | 2020-05-28 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2020/05/5645.html/trackback


Comment



Comment


*