2018-04-17

生命の誕生とRNAワールド仮説

実現論前史よりリンク
 進化の源泉はDNAの多様性にある。つまり、同一の自己を複製するのではなく、出来る限り多様な同類他者(非自己)を作り出すことこそ、全ての進化の源泉であり、それこそが適応の基幹戦略である。しかし、同類他者=変異体を作り出すのは極めて危険な営みでもある(∵殆どの変異体は不適応態である)。従って生物は、一方では安定性を保持しつつ、他方では変異を作り出すという極めて困難な課題に直面する。その突破口を開いたのが組み換え系や修復系の酵素(蛋白質)群であり、それを基礎としてより大掛かりな突破口を開いたのが、雌雄分化である。つまり、雌雄分化とは、原理的にはより安定度の高い性(雌)と、より変異度の高い性(雄)への分化(=差異の促進)に他ならない
上記の内容で
『一方では安定性を保持しつつ、他方では変異を作り出すという極めて困難な課題に直面する。その突破口を開いたのが組み換え系や修復系の酵素(蛋白質)群であり・・』
を解り易く説明した記事がありますので紹介します
【安定性を保持する遺伝子はDNA。変異を作り出す遺伝子はRNAである】
DNAとRNAの微妙な関係72より
>遺伝情報記録する「伝令RNA」、化学反応を触媒する「リボゾームRNA、運搬RNA」という、両方の役割を担える万能選手なのです。
太古の地球は、ある塩基配列を持ったRNAが、自己複製して増えていくといった生命と化学反応の中間のような、そんなドラマが繰り広げられる世界だったのです。
しかし、RNAはDNAに比べて不安定で、分解しやすい物質です。
それだけに、自然淘汰や突然変異のチャンスも大きいのですが、記録されたデータは失われやすく、変化しやすいので、保存性という意味で、RNAは不利な存在なのです。
⇒一部の「RNA」が、より安定な「DNA」へと変質
「生命の誕生ー 最初の生命はどうやって生まれた?RNAワールド仮説?」まとめ
リンク/より
【生命の始まりー「無機物から有機物へ」】
無機物に強い外部刺激が加わることで、生命の基礎である有機物が生成された可能性がある
有機物:生命活動に由来する物質または炭素元素(C)が原子結合の中核となる物質
無機物:有機物以外
【生命の誕生とRNAワールド仮説】
化学反応により「無機物」から「有機物」を生成
⇒ 「RNA(リボザイム)」とそれを囲む膜が出現
⇒ 膜内で「RNA」の情報を基に「アミノ酸」を生成
⇒ 「アミノ酸」が集まり「タンパク質」を合成
⇒ リボザイムの自己複製により、個体らしき存在の情報が維持、進化
⇒ 一部の「RNA」が、より安定な「DNA」へと変質
⇒ 単細胞生物の誕生
※ 「RNAワールド仮説」に基づく
【進化の歴史と多様性】
46億年前 ⇒ 地球誕生
38億年前 ⇒ 単細胞生物誕生
10億年前 ⇒ 多細胞生物誕生
5億年前  ⇒ 生物の多様化が加速
現在    ⇒ 1,000万種にも及ぶ多様性(推定)

List    投稿者 seibutusi | 2018-04-17 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2018/04/4125.html/trackback


Comment



Comment


*