2007-07-24

精子・卵ができるまで~始原生殖細胞の旅~

我々の体は、受精卵が卵割を重ね細胞の数を増やし、器官形成の過程によって個体が作り上げられます。(球状の受精卵が2分割になり4分割になり…三杯葉になり…っていうやつです。教科書にもよく図が載っていましたよね)
脊椎動物の場合…
●外胚葉からできる器官
  表皮   皮膚の表皮(毛、つめ、汗腺など)、眼の水晶体、角膜、口腔上皮、嗅上皮
  神経管  脳、脊髄、脳神経、眼の網膜
●内胚葉からできる器官
  消化管(食道・胃・小腸・大腸の内面の上皮)、えら、中耳、肺、気管
●中胚葉からできる器官
  脊索(みずからは器官を作らないが、脊椎骨や筋肉の分化に関与する)
  体節  脊椎骨、骨格、骨格筋(横紋筋)、皮膚の真皮
  腎節  腎臓、輸尿管、生殖腺、生殖輸管(輸精管、輸卵管)
  側板  腹膜、腸管膜、内蔵筋(平滑筋)、心臓、血管、結合組織
 
の各器官になっていきます。
 
これを見ると、配偶子である(精子、卵)は生殖腺になる中胚葉から分化したように読めるのですが、実は違うんですね。
実はそこにはドラマがあるんです。
 
ということで、今日から2回は、配偶子(ヒトの場合、精子と卵子)はどのように形成されるの?
をエントリーしたいと思います。
 
その前にポチッとお願いします。
ブログランキング・人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログへ

 にほんブログ村 科学ブログへ


実は生殖細胞になる細胞は、比較的早い時期に決まってしまいます。
生殖細胞系列に入った細胞は、その後、分裂を繰り返して数を増やし、将来、生殖細胞になる元の細胞、すなわち始原生殖細胞になります。
一方で体細胞系列の細胞からは三胚葉が分化します。
       ┌─ 始原生殖細胞 ──(生殖細胞系列)── 生殖細胞(精子、卵)
       │   ┌── 外胚葉
受精卵──┴──┼── 中胚葉  (体細胞系列)生殖細胞以外のすべて
            └── 内胚葉
体細胞系とは違った運命があらかじめ決められているのですね。
さらに哺乳類の場合、始原生殖細胞は、胚盤葉上層のうち、将来、胚体外中胚葉に分化する領域から生じてきます。
%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%AE%E5%A7%8B%E5%8E%9F%E7%94%9F%E6%AE%96%E7%B4%B0%E8%83%9E.bmp
図版はリンクよりお借りしました。
ヒトの場合、受精してから3週間ほどで現れます。
この図のように、始原生殖細胞は生殖腺の外で分化するので、当然ながら始原生殖細胞は移動して、将来、生殖腺になる場所まで移動しなければなりません。
そこまでの距離は長い道のりで、発生する体細胞系列の細胞間をすり抜けながら、アメーバ運動によって移動していくんですね。(この間も細胞分裂が起こり、増数していきます。)
※アメーバ運動:細胞内の原形質流動によって、進行方向へ細胞質が流れるに従い、その形を変えるようにして動くこと
どうですか?
生殖細胞は他の体細胞とは違った運命をたどるということ、さらにその形成過程においては長い旅路があったのですね。
では生殖腺にたどり着いた原始生殖細胞は、どのようにして精細胞、卵細胞となっていくのでしょうか?
ゆっきーさんにバトンタッチです。

List    投稿者 shimicho | 2007-07-24 | Posted in 未分類 | 1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2007/07/251.html/trackback


コメント1件

 ブログアクセスアップル | 2007.08.22 7:14

こんにちは、ブログのアクセスアップのためのリンク集を運営しているカズオと申します。
まだまだできたばかりのサイトで登録数は少ないですが、大きなサイトにし貴ブログのアクセスアップに貢献できるようにがんばりますので、登録してくださいますようお願いします。
相互リンクしていただく必要もありませんので、ほんの2分間ぐらいだけ、時間をとっていただき登録くださればうれしいです
もちろんすべて無料ですので、少しの手間だけで得るものが多いと思います。
突然のコメント失礼いたしました。
トップページ
http://setuyaku.cheap.jp/yomi/top.html
登録用画面
http://setuyaku.cheap.jp/yomi/regist_ys.cgi?mode=new

Comment



Comment


*