2019-08-23

人類は進化ではなく退化する道へ向かっている ? その2

 

前回の続きです。(http://www.seibutsushi.net/blog/2019/08/4699.html/trackback

今回は

るいネットhttp://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340479

及び

【人類の第2次低脳化現象 (2)あなたも今リアルタイムで “低脳化” している?】

ザウルスでござる(https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/9b51b84ac793ecde27754bb5ffc7b8f2)

から引用します。

要約すると

2次低脳化の原因

1)脳への負担の、コンピュータ・人工知能による劇的な低減

2)言語思考からイメージ反応への移行による言語運用能力の低下

3)電磁波による脳へのダメージの増大

1)、2)は将来共、進んでいくと思われるが 3)の電磁波に関しては、特定の人は、すでに

>「電磁放射線に対して十分に防護した環境に暮らし、自分達のDNAを損傷から守りながら、健康な生活と明晰な頭脳を維持しているはず」

そして

生き残れる集団は

>「人類史上初めてのグローバルかつ不可視の急激な災禍を理解し、“論理的思考≒事実の追求(事象の図解化)” が出来る集団

_______________________________________

“第1次低脳化” が起きたのは、今から1万年ほど前のいわゆる農業革命のときである。“農耕生活” に移行して、安定した食糧生産が可能になり、“食べる心配” が大幅に減ったために、人間の脳は “仕事が減り”、縮小した。

“人類の第2次低脳化” はいつ起きたのか?

実は “人類の第2次低脳化” はほぼ西暦2000年を境に始まり、この今現在、リアルタイムで進行中 である。

農業革命から約1万年経った21世紀に入って、インターネットという情報インフラネットワークが地球をおおった。さらに畳みかけるように携帯基地局のアンテナが爆発的に増え、スマホなどのモバイル通信のための電磁波圏が地球をおおった。

それでは、“第2次低脳化” の原因は何なのか?

この原因は大きく3つに分けて考えられる。

1)脳への負担の、コンピュータ・人工知能による劇的な低減

2)言語思考からイメージ反応への移行による言語運用能力の低下

3)電磁波による脳へのダメージの増大

以下に、順を追って説明しよう。

1)脳への負担の、コンピュータ・人工知能による劇的な低減

(前略)

長いこと人間にはあるがコンピュータには無い特徴の一つに “独創性” が挙げられてきたものだ。しかし、皮肉なことに 今や “独創性” があるのがコンピュータの特徴 になっており、どうやら独創性の乏しい類型的な手を打つほうが人間 なのだ。従来 「独創的」 と思われていた手は、単に類型的な手の中でも “比較的” 非類型的な手のことに過ぎなかったのである。人間の考える 「独創性」 というものは、それほどまでに人間中心の狭いものに過ぎなかったのである。

人工知能、ブロックチェーン、ロボット、IoT (Internet of Things: 物のインターネット) などの発達は、人間労働の欠点、弱点、限界を楽々と克服し、多くの産業セクターにおける人間の労働力への依存を減らしてコスト削減を進め、大きく効率を高めることが予想されている。

人間の労働力の一部である人間の知能も、より信頼性のある人工知能に置きかえられれば、人間の知能は “失業” する。今日ただでさえ見劣りのするその能力は人工知能にさらに水をあけられ、利用価値も低下することになる。そして、使わなければ衰えるのだ。

● 人工知能の登場は、文字の発明に匹敵する。

“文字”、つまり、“書くこと” の発明によって、人間の “脳内記憶” の限界が越えられて、“脳外記憶” つまり、外在的な “記録” の、自律的な世界が切り拓かれた。

2)“言語思考” から “イメージ反応” への移行による言語運用能力の低下

若い世代の言語運用能力の低下は、古代ギリシャ以来いつの時代でも嘆かれてきたが、昨今のインターネット、ケータイ、スマホといった伝達手段の急速な発達はこれに拍車をかけた。言語が最も理想的な伝達方法かどうかはたしかに議論の余地がある。

しかし、今までの人類の歴史においては、言語が最も重要で、最も信頼性のある情報伝達手段であったことは間違いない。

一方、言語以上に イメージが “雄弁” に語ることがある のも事実である。たしかに 「百聞は一見にしかず」 である。

しかし、言葉なしのイメージだけで会話が成立するだろうか?コンピュータが動かせるだろうか?現時点では人を動かし、世の中を動かし、コンピュータを動かすことができるのはやはり言語である。

イメージでは人工知能のプログラムは書けない。その意味でも “言語優先主義” は今後も簡単には崩れない と言える。

言語の持つ、規則的体系性、肯定と否定の二値性、デジタル的発展性は比類がない。何といっても “テキスト” が “本文” であり、“イメージ” はしょせん、“挿絵” の地位でしかないのだ。

そもそも、“イメージ反応” は “言語思考” とは根本的に異なる。“イメージ反応” は、言語や論理を媒介しないという意味では非常に “原始的” な反応である。チンパンジーも羊もトンボもみなイメージで判断して反射的に行動する。

“言語” はまるで “人工知能” のために人間が長い時間をかけて用意したようなものである。そして、当の人間は原始的な “イメージ反応” に退化して “低脳化” しつつある。

そう考えると、“言語思考” を軽んじ、“イメージ反応” 優先で生きているスマホゾンビーという低脳層 は、高度資本主義社会に跋扈する無数の企業の 誘惑的戦略に原始的に反応して飛びつくカモになっている とも言える。

逆に言うと、こうした低脳層は高度資本主義のシステムによって不断に “家畜化” されているのである。

3)電磁波による脳へのダメージの増大

(中略)

● “血液脳関門”

さて、マイクロ波が脳に及ぼす一番重大な影響は、 “血液脳関門” を開いてしまう ことが定説となっている。

脳への血流は、つねに “血液脳関門 Blood Brain Barrier”というフィルターで濾(こ)されて脳へ流れていく。脳は人体の中で最も重要で、しかも最も傷つきやすい臓器 だからである。

そのため、有害物質や毒素、体外から侵入した病原菌や重金属などは “血液脳関門というフィルター” にかけられて、脳にまで達しないしくみになっている。

人体において最も重要なこのバリアーが、“電磁放射線の曝露” によって開いてしまうことは、もう43年前から知られている現象である。「血液脳関門がマイクロ波によって開けることができる」 ことは、1975年 にアメリカの神経科学者、アラン・フレイによって公表されている。この事実を否定する科学者はいない。

脳への電磁放射線の曝露 によって、有害物質や病原菌がノーチェックで大手を振って人体の、そして精神の中枢である、最も神聖ともいうべき脳の領域に土足で上がり込んでいくことになるのだ。脳腫瘍ができるばかりではなく、重金属が脳に蓄積して、若年性認知症が発症する可能性もある。

実際、携帯電話が普及し始めた頃から “自閉症児が増加” したのは、母体内の胎児の “血液脳関門” が電磁波によって開いて、さまざまな有害物質が胎児の脳内に流れ込むためではないかとも言われている。

一つの国が電磁波浸けになっていけば、その国民の遺伝子は損傷が蓄積して、どんどん劣化していく。こうした劣化は不可逆であり、次の世代へとさらに蓄積されていく。

(中略)

● スマホのグローバルな問題 

“携帯電話・スマホによる電磁波問題”はおそらく最も喫緊な“グローバルな問題”である。地球の表面に暮らす人々の毎日の生活と健康に直接かかわる重大な問題である。なぜならば、

1) 先進国、発展途上国を問わず、ここ30年ほどの間に世界中にみるみる拡がったテクノロジーでありながら、その安全性がまったく証明されていない。

2) むしろ、危険で有害である疑いを裏付ける報告、データ、証言、論文が年々積み上がってきている。

3) 「おそらく世界中でこれほど速く、これほど多くの人に広まったものは前例がない」 ・・・・ ハワード・ラインゴールド(米国のデジタルジャーナリズムの教授)

そのために 「取り返しのつかない史上最大の生物実験の可能性がある」 ・・・・レイフ・サルフォード(スウェーデンの脳腫瘍学者)

そもそも携帯電話・スマホの電磁放射線(マイクロ波)は、もともと 兵器として軍事的に開発された技術 であって、危険極まりないものである。

軍事的な技術が “民生用” に通信機器として商業化されたのはここ30年ほどである が、同期間に脳腫瘍、白血病、さまざまながん、流産、奇形児・自閉症児の出産等々、すでにあまりにも多くの健康被害が世界的に発生している。

世界の携帯電話会社は、その「安全証明」 をこそ最初に示すべきなのに、示している会社は皆無である。そしてどこの国の政府も情報化時代におけるモバイル通信のような経済効果のあるものに対してはめちゃくちゃ規制が甘いときている。そうして緩い規制のまま、スマホは世界中で売られまくり、基地局アンテナは毎日地球上でリアルタイムに増殖し続けている。

● マイクロ波の危険性

スマホやケータイのマイクロ波はもちろん基地局アンテナから飛んでくる。

携帯電磁波(マイクロ波)は直進性があり、モバイル端末と基地局とのあいだをさえぎる人体をやすやすと貫通する。

貫通している間にあなたのDNA、体細胞、臓器、精子、卵子、脳細胞、松果体は損傷を受けている。目には見えなくても、電磁放射線というものはそういうものなのである。放射能の一種と考えてもいい。それを証明する論文はすでに無数にある。あなたが知らないだけである。

そういった調査研究はマスコミでは握りつぶされたり、多大な報酬で雇われた研究者たちによる悪意ある、操作された追試によって不当に否定されている。業界の金の力によって、真実は不断に隠蔽されている。日本の新聞、テレビ、週刊誌で 「電磁波」 が話題に決してならないのは、電通による周到な検閲の結果である。アメリカでは、産業界にベッタリのCNNでさえテレビで問題にしているのだ。日本におけるマスコミの 「電磁波」 についての沈黙は、先進諸国の中でも異常である。

人体に有害な高周波電磁放射線のマイクロ波に関しては、スマホなどのモバイル端末と基地局アンテナとが主な発生源である。これは世界的にそうである。ちなみに、スマホなどよりも歴史のあるアマチュア無線もマイクロ波を使うが、アマチュア無線愛好家には脳腫瘍や白血病が多い ことはすでに統計的に明らかになっている。

また、高周波のマイクロ波と同様、低周波の電磁放射線も有害で、がんや白血病を引き起こす ことが知られている。具体的には、送電線、高圧線や変電所や高速鉄道の近くに住む住民の被害である。

あまりにも日常的なために意外に盲点になっているのは、自動車である。自動車ほど多種多様な電磁放射線を狭い金属の箱の中で集中的に浴びることのできる場所は他にないだろう。

繰り返すが、高周波であれ、低周波であれ、人工的な電磁放射線はすべて有害である。ケータイの出現、そしてスマホの登場、モバイル端末の普及といったここ20数年のあいだに、白血病の増加、脳腫瘍の増加、がんの増加、アトピーの増加、喘息の増加、自己免疫不全の増加、白内障の増加、流産の増加、死産の増加、奇形児出産の増加、乳幼児突然死の増加、自閉症児出産の増加等々さまざまな異変が起きている。

こうした事態は、われわれの社会環境における何かしらの急激な変化と関係があるのではなかろうか?そうした社会環境中の変化のなかでも 最も疑うべき電磁放射線の劇的な増大は、その変化があいにくまったく目に見えない。目に見えないためにまるでそんなものは存在しないかのように思われている。

特にテレビやスマホによって “イメージ反応” に慣らされた若者にとっては 「見えないものは存在しない」 に等しい。しかし、実はその 「見えないもの」 こそが今日の人類の身体と頭脳に毎日絶え間なく損傷を与えている元凶なのだ。

iPhone のようなハイテクの最新鋭のモバイル端末を使い倒しながらも、使っている当人の頭脳は情けないことに電磁放射線によって、確実に機能不全をきたしているのだ。記憶力減退、頭痛、うつ病、不眠、集中力減退、思考力減退、思考混濁といった症状が、実はそのまま “人類の第2次低脳化” なのである。

しかし、人類がいくら低脳化しても、テクノロジーの進歩によって十分に埋め合わされるので、社会的には大きな支障は生じないであろう。逆に言うと、人類がテクノロジーにますます依存するようになるだけのことである。

ただし、個々の人間は、電磁放射線による損傷に起因する頭脳や身体の障害を終生背負っていくことになるだろう。早い話が、障害者の続出である。しかし、それが余りにも多いので常態化してしまって、逆に問題にならなくなってしまうだろう。現代における花粉症がいい例だ。いずれにせよ、2050年までにこれが表面化するであろう。そうした苦痛やストレスをまぎらす新しいドラッグや薬品、そして、さまざまなセラピーも出てくることであろう。

しかし、一部の人間は賢明にも、もうすでに電磁放射線に対して十分に防護した環境に暮らし、自分達のDNAを損傷から守りながら、健康な生活と明晰な頭脳を維持しているはずだ。

人類史上初めてのグローバルかつ不可視の急激な災禍を理解し、回避できるのは“論理的思考” の可能なごく一部の人間だけである。

 

List    投稿者 seibutusi | 2019-08-23 | Posted in ⑧科学ニュースよりNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2019/08/4827.html/trackback


Comment



Comment


*