- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

脳回路の仕組み2 脊椎動物の脳 

Posted By seibutusi On 2019年1月2日 @ 11:55 PM In ⑧科学ニュースより | No Comments

「ぜんぶわかる 脳の事典」(坂井建雄・久光 正監修 成美堂出版)

中枢神経系というのは、ホヤなどにある神経管というものから発達した。この神経管の端にある僅かな神経細胞が進化の過程で発達。ここがやがて、①終脳・②間脳・③中脳・④後脳・⑤髄脳という5つの部分に発達していった。カエル、ワニの延髄の右側は、残りの神経管が脊髄になった。ラット、猫、チンパンジーの場合は、脳幹の右側もしくは下が脊髄に。チンパンジーは、ほとんど人間と同じ。

 

脳の歴史 [1]

脳の歴史~昆虫(ミツバチ)から両生類→爬虫類→ラット→ネコ→チンパンジーまで

Print [2]

 

 

 

(岡田淳三郎)


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2019/01/4355.html

URLs in this post:

[1] Image: http://www.seibutsushi.net/blog/wp-content/uploads/2018/12/790c7d2c9deffc5f1e453a8ae0043d3e.jpg

[2] Image: http://www.seibutsushi.net/blog/wp-content/uploads/2019/01/740aff369c1003e99b17a1845b5839f6.jpg

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.