- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

【電磁波と時空の関係・・・②】

Posted By ka-syun On 2014年1月19日 @ 7:00 AM In ⑫宇宙を探求する | No Comments

前回の続き
パックンが考えた「電磁波の発生メカニズム」の説明に取り掛かかってもらいますが、本文を読む前に、下記の三つの投稿を読んでもらうとよりわかり易いと思います。
・http://www.seibutsushi.net/blog/2012/06/001308.html
シリーズ 超極小『素粒子』の世界18 ~【物質は、エネルギーの塊】・・・(A)
・http://www.seibutsushi.net/blog/2013/09/001420.html
【「作用・反作用の法則」+「重力レンズ効果」=「空間は未知のエネルギーで成り立っている」】・・・(B)
・http://www.seibutsushi.net/blog/2013/12/001444.html
【電磁波と時空の関係・・・①】


始まり、始まり~~~
注記:*図中:「時空エネルギーを時空Eと表現」しています。
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%91.bmp
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%92.bmp
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%93.bmp
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%94.bmp
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%95.bmp
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%96.bmp
注記)くどいようですが、加速度変化を与えるとは、電荷→電場が時空(=時空エネルギー)に力を加えるということに他ならない。
よって、見方を変えれば、
【時空エネルギーの振動が電磁波である】
とも言えると思います。
よって、【電磁波と時空の関係・・・①】で提起した“「光=電磁波」にとって、「時空」はどのような存在”の回答は
%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%A8%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%EF%BC%97.bmp
という結論(仮説)に行き着きます。
前述の仮説は、【電磁波発生メカニズム・・・①】で提起した「疑問」の回答は、以下のようになります。
*1:電荷に加速度変化を与えると、何故、磁場が発生するのかが不明。
  ・パックンの説明「その4」より
時空に、電場(電荷ではない)による力が加えられると、作用反作用の法則により、時空に磁場が形成される。
*2:磁場が発生した段階では、電荷の電場とバランスしているため、この段階で磁場が発生したからといって、電場が出来るわけではない筈。
  ・パックンの説明「その6」より
   磁場が時空に放出された瞬間。作用反作用の法則により、磁場を妨げる方向で、時空に電場が形成され、釣合う
*3:電場と磁場は、何故、空間に放出されるのかが不明。
  ・パックンの最終的な仮説より
   電磁波(波紋)は、時空エネルギー(水)の媒質であり、電磁波を伝播させていると考えられます。
次回は、【電磁波は、時空エネルギーの媒質】から、【光速って?】にチャレンジします!


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2014/01/1459.html

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.