- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

「作用・反作用の法則」+「重力レンズ効果」=「空間は未知のエネルギーで成り立っている」

Posted By ka-syun On 2013年9月29日 @ 7:00 AM In ⑫宇宙を探求する | No Comments

◆作用反作用の法則
物体Aが物体Bに力を加えると、必ずBもAに同じ大きさで反対向きの力を返します。これが作用反作用の法則(運動の第3法則)です。(リンク [1]参照)
例えば重力
地球は人間を引っ張っていますが、人間も地球を引っ張っています。


この世には「引っ張り合う(押し合う)」現象はあっても、「引っ張るだけ」「引っ張られるだけ」という現象は存在しません。
%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88.bmp
◆重力レンズ効果
太陽のように極めて強い重力を有する天体がある場合、そのまわりの時空が曲がり(歪み)、真っ直ぐ進む特性をもつ光(電磁波)もまた、その時空の曲がりに添って進む。これが重力レンズ効果です。(リンク [2]参照)
例えば
地球と太陽とA惑星が(左から)一直線上に並んだ時に、A惑星は太陽が邪魔になって地球から見えないはずですが、重力レンズ効果によって、A惑星から発せられた光が太陽の重力によって曲げられ地球からA惑星が見えます。
%E9%87%8D%E5%8A%9B%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA.bmp
観測事実からは、重力で光が曲げられる(引っ張られる)ということなのですが、「光速不変」が成立しなくなります。
%E5%A4%AA%E9%99%BD.bmp
◆エネルギー
エネルギーは、「仕事 をすることのできる能力」。(リンク [3]参照)
◆作用・反作用の法則+重力レンズ効果=「空間は未知のエネルギーで成り立っている」
「作用反作用の法則」より、太陽の重力によって空間が曲げられる(引き付けている)ということは、空間が太陽を引っ張っているということを意味しており、空間が仕事をすることのできる能力(or構造)を有しているということでもある。即ち、空間は「何もない=無」ではなく「未知のエネルギーから成り立っている」という事になります。
%E6%99%82%E7%A9%BA.bmp
*現時点で、このエネルギーは観測されていないため「未知のエネルギー」としました。
%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AB.bmp


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2013/09/1420.html

URLs in this post:

[1] リンク: http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/undo4.html

[2] リンク: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

[3] リンク: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.