- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

宇宙人はいるのか?パート2~リンゴの木村さんと一緒に宇宙人に拉致された女性の証言~まとめ

Posted By kanae On 2012年7月9日 @ 10:00 AM In ⑬宇宙人・スピリチャル | No Comments

「宇宙人はいるのか?パート2」シリーズ
%E6%9C%A8%E6%9D%91%E3%81%95%E3%82%93.jpg
画像はこちら [1]からお借りしました
      
今までの記事はこちら
●宇宙人はいるのか?パート2~大事なことは、目に見えるものだけじゃない~ [2]
●宇宙人はいるのか?パート2~「龍」を見た時、時が止まった!?(1)~ [3]
●宇宙人はいるのか?パート2~「龍」を見た時、時が止まった!?(2)~ [4]
●宇宙人はいるのか?パート2~リンゴの木村さん、たび重なるUFO目撃 [5]
前回ご紹介した、奇跡のりんご農家・木村秋則さんのUFO体験には、なんと驚きの後日談があるのです。


               
(宇宙人と出会ってから)5年ほどあと、家で女房とふたり、何気なくテレビを観ていたときのことです。
「UFOは本当に実在するのか」といったことを検証する特別番組でした。
そこに「宇宙人に連れ去られた経験がある」という女性がVTRで出てきたのです。
よく見ると、なんとあのときに一緒になった若い白人の女性に間違いありません
%E5%A4%96%E4%BA%BA%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%8F%A3%E5%85%83%E2%98%85%E2%98%85.jpg
画像はイメージです。
「おいおい、この女の人、わたしと一緒にUFOにいた人だ!」
「エーッ、またお父さん、そんなこといって・・・」

女房にはUFOに乗った話もしていましたが、まったく信じようとはしませんでした。
ところが、その女性が証言することは、ことごとくわたしが女房に説明していたことと一致するのです
%E6%9C%A8%E6%9D%91%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E7%B5%B5%EF%BC%91.jpg
木村さんのスケッチその1。木村さんは身体検査を免れ、「ケー」という物質を手渡されました。
%E6%9C%A8%E6%9D%91%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E7%B5%B5%EF%BC%92.jpg
木村さんのスケッチその2。海兵隊の男性と、外人女性と共に座る様子。
(画像は雑誌「ムー」よりお借りしました)

UFOの内部の様子、そこで行われたこと、帰り際に渡されたおみやげ・・・。白人女性はこうもいっていました。
「わたしのほかにも人間がいました。ひとりは白人で軍人のような男性、もうひとりは眼鏡をかけた東洋人の男性でした」
まさにわたしのことです。
「やっぱりあれは夢ではなかったんだ」
確証を得ました。
同じ日本人同士ならまだしも、海外にいる連絡先もわからない女性と口裏を合わせることはできません。

ただし、その白人女性は、「UFOに6時間滞在していた」といっていましたが、わたしはそんなにいなかったと感じています。どうにもUFO絡みの記憶は、なぜか断片的であったり、飛んだり、普通の記憶より荒いのです。
これは憶測に過ぎませんが、もしかしたら、わたしやこの女性が持っているUFOや宇宙人の記憶は、本来なら消されている情報なのかもしれません。予想外に消えずに残っていて、いまわたしはこの原稿を書いているのではないでしょうか。

現実と符合した話がもうひとつあります。
宇宙人から聞いた元素の話を、東北大学の農学研究科の教授にお会いしたときに質問してみました。
「地球で使われている元素はどのくらいあるんでしょう?」
「知られている元素は120くらいでしょう。そのなかから現在使われているのは20~30くらいでしょうな」
宇宙人がいったことと、まったく同じだったのです。・・・
(著書「すべては宇宙の采配」より引用)
               
なんと ほんとに夢じゃなかったんですねー
宇宙人たちが、木村さんに伝えたかったこととは、いったい、何だったのでしょうか
木村さんは、体験当時を振り返って、次のように語っています。

「水晶玉の重さは忘れられないな。目に見えないものを大切にしろよといわれたような気がする。生かされているということをな」

木村さんは、現代人が認識できなくなってしまっていることに耳を澄ませ、伝えようとして下さっているように思われます。

木村さんの観た、不思議な体験の数々とは、もしかすると、自然界の中で捉えた「予言」のようなものではないでしょうか?
たとえば、農業や漁業などを営む人は、気象の動きを読んだり 、木などの自然の声を聞くことが出来る と言いますが、そのような能力に近いものではないでしょうか。
龍や宇宙人といった、特異な姿かたちは、木村さんが感じ取った先人たちの自然に対する感謝の想い や、自然がさらされている危機 といったものと、木村さんが知っている具象(龍や、宇宙人)とがたまたま繋がって、像を結んでいるのかも知れません。
宇宙人が地球の未来を知っているのではなく、私たち人間が本来、自然と真摯に向き合うことで、その動きを感じ取り、その力を活かすことに知恵を働かせ、行動できるのだということを、示されているように感じます。

みなさんは、木村さんの体験を通じて、どんなメッセージを受け取りましたか?


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2012/07/1311.html

URLs in this post:

[1] こちら: http://www.cheziguchi.com/kimura.htm

[2] ●宇宙人はいるのか?パート2~大事なことは、目に見えるものだけじゃない~: http://www.biological-j.net/blog/2011/10/001211.html

[3] ●宇宙人はいるのか?パート2~「龍」を見た時、時が止まった!?(1)~: http://www.biological-j.net/blog/2011/10/001216.html

[4] ●宇宙人はいるのか?パート2~「龍」を見た時、時が止まった!?(2)~: http://www.biological-j.net/blog/2011/11/001222.html

[5] ●宇宙人はいるのか?パート2~リンゴの木村さん、たび重なるUFO目撃: http://www.seibutsushi.net/blog/2012/05/001279.html

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.