2012-01-17

宇宙人はいるのか?パート2~すべてはひとつ~

「木村さんの龍目撃」の解明から、改めて人間の脳の可能性を知ることができました :D
まだまだ眠っている能力がありそうですよね。
詳しくはこちら
宇宙人はいるのか?パート2~大事なことは、目に見えるものだけじゃない~
      
ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログへ
宇宙人はいるのか?パート2~「龍」を見た時、時が止まった!?(1)~
宇宙人はいるのか?パート2~「龍」を見た時、時が止まった!?(2)~
%E5%85%A8%E3%81%A6%E3%81%AF%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E9%87%87%E9%85%8D.jpg

 にほんブログ村 科学ブログへ


この龍の話しには、続きがあります。
**************************************
指が何本あったか?玉は持っていたのか?など細かいことは覚えていませんが、ただひとつだけしっかりと覚えていることがあります。
目の前に龍が現れたとき、口がパクパク動いた気がして、「なにかをいっている!」と感じたのです。
最初は、なんといっているのかよくわからなかったのですが、そのあと頭の中に、ある言葉がポーンと入ってきたのです。
そして、
「話すな。」
と言われました。
「出会ったことを他人に話すな」という意味ではなく
「伝えた言葉を人に話すな」
ということです。
この言葉に、わたしはその後の人生で何度か出会うのです。
**************************************
どんな言葉だったのか、気になりますね。
みなさんは、どんな言葉だったと思いますか?
   
    
この本の題名は、「全ては宇宙の采配」というものです。
見えないものの中で生かされている。そんな感覚なのでしょうか?
君もシャーマンになれるシリーズ6~シャーマニズムと幻覚回路
の記事を読んで、木村さんが龍を見れた理由が分かりました。
     
シャーマンなどが、予知できたり病気を癒せたりするのは、外界の情報を他の人よりキャッチできるからだそうです。脳は「安定化装置(リミッター)」で脳に入る外界情報を取捨選択することで、脳の安定化を図っていると言われています。
そのリミッターを緩ませると、普段はキャッチできない、外界の情報をキャッチできるとのこと。
         
自然を注視することに長けていた木村さんは、このリミッターが緩みやすいのかもしれません
     
そうなると、なんだか超人の様に感じてしまいますが・・・
私たちも近づけるかもしれません
       
自然を注視し、対象化し、全てを受け入れた木村さんは、「現実直視=肯定視」で貫かれています。自然も自分も一体になって、そして、そこには全てに対する 深い感謝の気持ち が横たわっている。
その心のあり様は、本来みな持っているもので、それをいろいろな観念で封鎖 しているだけで感じられなくなっているんじゃないかなって。
そういった観念を取っ払っていくことで、木村さんの心のあり様に近づけるんじゃないかなって感じがします
          
そう考えると龍が言った言葉は、
      
    
「すべてはひとつ」
    
      
自分もみんなも本来一体。その感覚が深まっていけばいくほど、感謝も喜びも深まっていくのかな。
そんな言葉だったのかなぁなんて、思いを馳せてみました
     
どんな言葉だったのかは、これらの木村さんの活動の中に、あわられてくるのかなって思います。
みなさんもどんな言葉だったのか、思い浮かべてみて下さいね
    
長いプロローグになってしまいましたが、次回からは「木村さんの宇宙人体験」を紹介してこうと思います

List    投稿者 miwa | 2012-01-17 | Posted in ⑬宇宙人・スピリチャルNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2012/01/1259.html/trackback


Comment



Comment


*