- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

福島原発事故~海外メディアはどう見ている?【7】

Posted By miwa On 2011年6月21日 @ 11:04 PM In ⑪福島原発問題 | No Comments

 ~4号機は、倒壊する!?~

今、ネット界では「4号機の地盤が沈下し、倒壊しかけている!!倒壊したら使用済み核燃料がばら撒かれ、大量の放射能が大気中に放出されて、大変なことになる!」という話しがもちあがっています。

これは、どういうことなのか?本当に倒壊する恐れがあるのか?
分かっている情報をもとに検証してみました

ブログランキング・人気ブログランキングへ [1] にほんブログ村 科学ブログへ [2] [3]


4号機は、地震前、定期検査で運転を中止していました。従って、格納容器の中は空で、使用済み核燃料プールに1331体の使用済み核燃料が保管されていました。
ちなみに、1号機のプールには、292体、2号機のプールには587体の使用済み燃料が保管されています。
これと比較すると、4号機にたくさんの使用済み核燃料があることが分かります。
確かに、倒壊してこれがばら撒かれたら大変ですよね

ということで、検証してみました。

倒壊するかどうかは、まず4号機の構造を知る必要があります。

応援よろしくお願いします
%EF%BC%94%E5%8F%B7%E6%A9%9F1.bmp [4]

図にあるように、実は私たちが目にしている建物は、全体の2/3しかなく、残りの1/3は地下に埋まっているのです。地下部分の底部は、洪積層という硬い岩盤に接しています。
地上に出ている部分は、下が鉄筋コンクリート構造で、最上部が鉄骨構造になっています。
鉄骨がむき出しになっている写真をよくみかけますが、それは上部1/3の鉄骨構造の部分なのです。
(カメラは陸から撮っているので、下部の部分が映りにくく、上部の鉄骨崩壊部分が目立っています。)
確かに、映像をみると、この鉄骨構造の部分は、斜めに傾いています。
問題の使用済み核燃料プールはどこにあるのかというと、真ん中の鉄筋コンクリート構造部分にあります。
東電の発表によると、4号機の使用済み核燃料はプールの中にまだあるようです。

%EF%BC%94%E5%8F%B7%E6%A9%9F%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%86%85
4号機使用済み核燃料プール画像。東京電力発表:水中カメラで撮影。核燃料棒が保管されている。瓦礫などの散乱も伺える。

最上部の鉄骨部分が傾いているのは、事実のようですが、その原因は地盤沈下によるものなのでしょうか?

噂によると、4号機は1mほど地盤沈下しているという話しもでています。
地震によって、原発周辺が地盤沈下したのは確かです。
しかし、一体で沈下したので、4号機の底部のみが極端に沈下したとは考えにくいです。原発の底部は、洪積層は、固い岩盤層に接しているため、4号機の底部だけが極端に沈下するとは思えないのです。
沈下の原因に、溶け出した燃料が地盤を溶かしているので沈下しているという説もあります。
しかし、格納容器には、燃料が入っていなかったので1~3号機のように格納容器を突き破ってメルトスルーはしていていないと思われます。また、写真にもあるように使用済み核燃料プールには、まだ水があるようなので、岩盤を溶かすほど燃料がもれているようには思えません。
従って、建物全体というより、主に傾いているのは鉄骨部分の様です。
ただ、その傾きで鉄筋コンクリート部分も力が働き、損傷が見られるようで、補修工事が行われています。

%EF%BC%94%E5%8F%B7%E6%A9%9F%E8%A3%9C%E4%BF%AE.jpg
東京電力「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋」 [5]

以上のことから、今すぐ建物ごと倒壊する恐れは小さいそうですが、大きな地震が来たら、耐えられるかどうかは不明です(><)


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2011/06/1157.html

URLs in this post:

[1] Image: http://blog.with2.net/link.php?548466

[2] Image: http://science.blogmura.com/in/073660.html

[3] Image: http://blogranking.fc2.com/in.php?id=92199

[4] Image: http://www.biological-j.net/blog/%EF%BC%94%E5%8F%B7%E6%A9%9F1.bmp

[5] 東京電力「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋」: http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1-roadmap/11043001-j.html

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.