- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

機能局在論をぶった斬る!! ~脳内ネットワークの繋がりの解明こそが、脳を解明したと言える~

Posted By takesyo On 2010年10月2日 @ 6:32 PM In ④脳と適応 | 2 Comments

%E8%84%B3%E5%86%85%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%83%B3%21%21.jpg
   
今も繰り広げられている機能局在論。脳の機能を細かく分類し、その部位に特定の能力がある(ウェルニッケ野=言語、左脳=論理など)として、機能が局在しているとする論理。
  
ですが。。。
  
コミュニケーションを取ったり、判断したりする時に、その部位だけが反応しているわけではない。必ず、脳内ネットワークが繋がり合うことで判断するに至っている。
  
しかし、学者や研究者は脳内ネットワークの繋がりを棚上げにし、その先の分化した部分=機能局在に着目し解明に躍起になっている。(論文発表や医学(医療)発展など、置かれている立場上ここが限界なのであろう。)これでは、本来の脳の解明には至らない。
  
従って、脳の解明にはシナプス結合など脳内ネットワークの繋がりの解明が求められている。
       
納得と思って頂けましたら、応援クリックお願いします
ブログランキング・人気ブログランキングへ [1] にほんブログ村 科学ブログへ [2] [3]


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2010/10/1018.html

URLs in this post:

[1] Image: http://blog.with2.net/link.php?548466

[2] Image: http://science.blogmura.com/in/073660.html

[3] Image: http://blogranking.fc2.com/in.php?id=92199

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.