- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

めちゃ賢い鳥!他の動物にエサを取らせる!?

Posted By miwa On 2010年9月25日 @ 11:23 PM In ⑨おもしろい生き物 | No Comments

とっても面白い鳥をみつけました :D
      
その鳥は「ミツオシエ」
その名の通り「蜜教え」 なんです
    
かなり賢い鳥なんです
      
%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%82%A8.jpg
こちらからお借りしました。ウィキペデア [1]
    
    
どんな鳥かと言うと・・・
    
いつも応援ありがとう
ブログランキング・人気ブログランキングへ [2] にほんブログ村 科学ブログへ [3] [4]


ミツオシエは、ハチミツが大好き
でも、自分では取る事ができません :cry:
      
そこで考えた作戦がすごいんです
ラーテルという動物を使います。
     
%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB.jpg
     
このラーテルもハチミツが大好物
そこを利用します。
どのようにするかというと・・・
         
ミツオシエは、ハチの巣のを知っています。
そこで、ミツオシエは、ラーテルの頭上をチュルチュルという甲高い鳴き声で回りながら飛び 、ラーテルに「蜜があるのはこっちだよ!」と道案内をするんです
     
そして、ハチの巣にたどり着いたラーテルは、果敢にハチの巣を壊して、中のハチミツを取り出します。
     
もちろんこの時、ハチも攻撃してきます
しかし、ラーテルの皮膚は、分厚いので、大丈夫なのです。
でも顔だけでは、皮膚が薄いので、刺されたら痛くてのたうちまわります
だけど、すぐに再びハチミツを食べにいきます
     
動画は、こちらで見られます 「ハチの巣に挑むラーテル」 [5]
     
そうして、一通りラーテルがだべ終わった後、そのおこぼれをミツオシエが食べます :D (鳥なので、少量でことたります。)
     
すごい賢いですね
     
でも、それだけじゃないんです。
このミツオシエ、ハチの巣の場所を複数知っているのですが、ラーテルには、今ラーテルがいる場所から一番近いハチの巣を案内するんです。
     
これには、びっくりです
みんないろいろな方法で適応していっているのですね


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2010/09/1015.html

URLs in this post:

[1] ウィキペデア: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%82%A8%E7%A7%91

[2] Image: http://blog.with2.net/link.php?548466

[3] Image: http://science.blogmura.com/in/073660.html

[4] Image: http://blogranking.fc2.com/in.php?id=92199

[5] 「ハチの巣に挑むラーテル」: http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=3t_vXWgoWdc

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.