2010-04-11

男女の脳ってこんなに違う②~「幼児の絵」における男女の違い~

まずはこの絵を見て下さい
これは、世界中の5、6歳児の子どもたちに「自由に好きな絵を描いて下さい。」と言って、描いてもらった絵です。
      
右と左、どちらが「男の子の絵」で、どちらが「女の子の絵」でしょうか?
      
  %E7%94%B7%E5%AD%90%E3%83%BB%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%B5%B5%E2%91%A0.JPG
<NHKサイエンススペシャル 驚異の小宇宙・人体Ⅱ 脳と心2 脳が世界をつくる 知覚
著者:NHK取材班 NHK出版>より写真は引用しています。       
では、この絵はどうでしょうか?
    
これは、日本の5、6歳児の子どもたちに「水槽に入っているザリガニの観察図を描きましょう。」と言って、描いてもらった絵です。
右と左、どちらが「男の子の絵」で、どちらが「女の子の絵」でしょうか?
    
%E7%94%B7%E5%AD%90%E3%83%BB%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%B5%B5%E2%91%A1.JPG
<NHKサイエンススペシャル 驚異の小宇宙・人体Ⅱ 脳と心2 脳が世界をつくる 知覚
著者:NHK取材班 NHK出版>より写真は引用しています。         
    
答えを見る前に「応援ボタン」をお願いします
ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログへ
いつもありがとうございます :D

 にほんブログ村 科学ブログへ


正解は、どの絵も左が「女の子の絵」、右が「男の子の絵」です。
合っていましたか?
そして、これらの絵をみていくと、「男の子の絵」と「女の子の絵」では、決まったパターンがあることが分かります。
          
自由に好きな絵を書かせた場合、女の子が描く絵には、決まったパターンがあります。
大地があり、花 が咲き、木 があり、チョウチョや小鳥 が飛び、家 が建ち、晴れた空 に太陽 が照っています。
そこに精一杯のドレスアップ した女の子がいます。
まさに 楽園 を表現していますね。
       
男の子は、指示をすると人(男)を描くが、もともと人間には興味がなく、描くのは、ロボットや人造人間です。 
男の子は、自分で見たものをいかにして描くかに苦労し、何度も描いたり消したりします。
構図のとり方も多様で、空にしても、晴れ もあれば、夜 もあります。
積み重ねや上から俯瞰したような表現など、空間を感じさせる絵をよく描きます。
      
しかも、これは、日本だけの現象ではないのです!
世界中の子どもたちが同じような絵を書くのだから驚きです
     
    
ザリガニの観察画では、男の子は、電気機械やポンプを丁寧に描いたり、ザリガニの動きを再現していたりと、リアリティの高い絵を描きます。
かなり観察しているのが、伝わってきますね。
      
女の子は、ザリガニの家族を描き、ハサミにはリボンを描き、指輪をしています。花とチョウチョを描き、自分も参加しりしています!
またしても、楽園の様な絵を描きます。
     
楽園って、平和で穏やかな状況です。
安心な空間で子育てしたいと思う現われなのでしょうか?
       
      
まだ5、6歳にして「男の子」と「女の子」でこんなにも絵が違うのですね。
驚きです
       
では、どうしてこういった違いが生まれるのでしょうか?
それは、次回紹介します

List    投稿者 miwa | 2010-04-11 | Posted in ④脳と適応No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.seibutsushi.net/blog/2010/04/962.html/trackback


Comment



Comment


*