- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

あけましておめでとうございます!

%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.JPG
    
新年明けましておめでとうございます
     
当ブログのこの1年を振り返ると、類グループ主催の「なんでや劇場:生物史シリーズ」 [1]のお力を借りながらの生命起源仮説(=中心小体原基から生物は誕生した)に始まり、「生物史に馴染んでもらおうシリーズ」( [2] [3]
、さらには、ネオダーウィニズムvs創造論の不毛な議論とは一線を画す新仮説「収束と統合」( [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]まとめ [11])で幕を閉じる展開となりました
   
一方で社会状況に目を転じると、日本では60年も続いてきた自民党一党支配が終焉するというセンセーショナルな出来事がありました。これは、この20年を席巻してきた従米路線(≒グローバリズムという売国路線)から転じる兆しを感じさせるちょっと嬉しい出来事でした。
しかし国際社会全体には、一昨年の金融危機以来の暗雲は相変わらず立ち込めており、ドルや米債の大暴落が起こりそうで起きないという不気味な静けさに包まれた1年でもありました。
     
     
・今私たちを取り巻いている多くの社会閉塞とは、文明時代3000年間の過ちが一瞬にして噴出してきた事態ではないのか?
     
     
・いったい人類はどこで道を踏み誤ったのか?

    
    
あらためてそんな思いが脳裏をよぎります。
「生物史を紐解くことで新たな社会を導くための羅針盤が発掘できないか?」という当ブログのもともとの主旨が試されるのもこれからの1年間かもしれません。
だとすれば、今年の当ブログでは、生物史と人類史を繋ぐような内容をもっと増やすことが重要ではないかと考えています。
そこでその手始めとして、今年は「神経回路と認識機能」あるいは「性システムと雌雄分化」などの、現代も人類社会の基底部に位置する問題に迫る記事をアップして行きます
  
     
今年もクリックよろしくお願いします
ブログランキング・人気ブログランキングへ [12] にほんブログ村 科学ブログへ [13] [14]

[15] [16] [17]