- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

人類の洞窟生活~洞窟壁画より~

Posted By Hikaru On 2009年4月29日 @ 12:38 PM In 4)サルから人類へ… | 4 Comments

sm04_anag.jpg
画像はこちら [1]からお借りしました。
木から落ちたカタワのさる=人類は、すさまじい外圧状況下でなんとか洞窟に隠れ住むことができた。
そして今まで発見された洞窟壁画からは、人類がどのように適応しようとしたのかがわかります。
続きはるいネット [2]からの引用です。
ブログランキング・人気ブログランキングへ [3] にほんブログ村 科学ブログへ [4] [5]


——————————————————————————————————–世界最古の壁画は約3万年前である。この時代はまだ、弓矢は発明されておらず、石器を装着した槍を用いた為、先端が重く、かなり至近距離から獲物を狙っていたのが実態のようだ。従って、人骨に残る痕跡は、獲物を仕留めようとし、しばしば派手に突き飛ばされ、全身にたくさんの傷を負っていたことを物語っている。
主な狩猟の対象となったのは、シカ、トナカイ、ウマ、ガゼル、バイソン、オーロックス(原牛)、ヒツジ、ヤギ、ノウサギなど中型か小型の動物であり、地域と時代によっても多少異なるが、マンモスやサイなどの大型動物や猛獣を追い求めるようなことはめったになかったようだ。
一方、クロマニヨン人が描いた壁画(ラスコー洞窟 [6]アルタミラ洞窟 [7])の対象は、動物、ヒト、シンボルに分けられる。動物はウマとバイソンが特に多く、シカ、オーロックス、アイベックス(野ヤギ)、マンモスも良く描かれ、クマ、ホラアナライオン、ケサイ、稀だがオオカミ、キツネ、ウサギ、カワウソ、アザラシなどもあり、ネズミのような小動物は描かれていない。
また、ヒトにかかわるものは手形 [8]が多く、人の姿絵は動物と比べ見劣り、数は少ないが半人半獣の絵も存在する。シンボルの配列についてはかなり広範囲の洞窟で同一パターンが確認されているらしい(言葉の伝搬も時期を同じくする)。
レヴィー・ストロースらが調査した事例では、洞窟の中心で祭祀の中心 [9]となる場所にはウマやバイソン、オーロックスが多く、あまり描かれないが、肉食獣は洞窟の奥(同化にまでは遠い対象だった?)、というようにある程度領域分け描かれているという考察を行っている(但、研究者の間での定説とはなっていない)。
これらから推測できることは、日常的に骨に傷を負うほどの過酷な自然外圧があったことは想像できるが、常にマンモスなどの猛獣に立ち向かっていったのではなく、ウマやバイソンなど中型動物に対して組織的に立ち向かい、シンボルや手形は何らか仲間との共認=祭祀での祈り、闘争行為の共有化のために使っていたのではないだろうか
必ずしも狩猟の対象や行為と、壁画とは一致している訳ではない。例えば、壁画には、ヒトが動物に立ち向かい槍が突き刺す絵や、傷を深く負う絵は見当たらず、動物は敵ではなく、同化や感謝の対象として捉えていたことが伺える。
研究者たちの間では、ここまで芸術的描写にこだわった原始人について謎とされていますが、実現論1_6_02にあるように
>人類は直面する現実対象=自分たちを遥かに超えた超越存在たる自然を畏れ敬い、現実対象=自然に対して自分たちの生存への期待を込め、自然が応望してくれる事を切実に願った。
これら、かなり完成度の高い壁画を描くことと=現実対象を捉える(同化課程)=仲間との共認=観念機能の発達は全く同じ過程で実現されたものだと捉えることができます。——————————————————————————————————-


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2009/04/745.html

URLs in this post:

[1] こちら: http://www.texnai.co.jp/jap/3Dgallery/anag/paleo3D/paleo3D_index.html

[2] るいネット: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=125189

[3] Image: http://blog.with2.net/link.php?548466

[4] Image: http://science.blogmura.com/in/073660.html

[5] Image: http://blogranking.fc2.com/in.php?id=92199

[6] ラスコー洞窟: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E6%B4%9E%E7%AA%9F

[7] アルタミラ洞窟: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%A9%E6%B4%9E%E7%AA%9F

[8] 手形: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Pech_Merle_main.jpg

[9] 祭祀の中心: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=75877

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.