- 生物史から、自然の摂理を読み解く - http://www.seibutsushi.net/blog -

なぜ、哺乳類は「胎内保育」と「産後保護」をするようになったの?

Posted By postgre On 2006年10月12日 @ 11:16 PM In 6)“祖先の物語”番外編 | No Comments

実現論に、
胎内保育と産後保護の哺乳類には、適者だけ生き残ることによって種としてより秀れた適応を実現してゆく淘汰適応の原理が働き難くなる。
って書いてあります。
なぜ、哺乳類は「胎内保育」と「産後保護」をするようになったのか?いまいちよくわかりません。。 :cry:
胎内保育に関しては、るいネットに以下の投稿がありました。
低酸素という困難な環境下でも、生まれくる子供に常に酸素を送り届け、確実に子孫を残せるように、繁殖の方法を変えたのではないかと。(89950 ) :roll:
それでも生まれたあとは低酸素なわけで、まだしっくりきません。。
また、他の多くの動物が産みっぱなしなのに対して、なぜ哺乳類は「産後保護」をするようになったの?
だれか教えてください~。
byかなめんた


Article printed from 生物史から、自然の摂理を読み解く: http://www.seibutsushi.net/blog

URL to article: http://www.seibutsushi.net/blog/2006/10/15.html

Copyright © 2014 生物史から、自然の摂理を読み解く. All rights reserved.